くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

53億円かけて作った小林市民病院を守ろう
立て替えられた小林市民病院<span style=" border="0" width="240" height="169" ”right”/>
 宮崎県小林市の市民病院が危機である・それは小林氏をはじめ、西諸県地域の中核病院がそのお機能を果たせなくなるからである。53億円もの大金をはたいて昨年9月に開院したばかりだというのにである。<西諸県地域には国立病院も県病院もなく、市民病院が中核病院として、地域になくてはならない病院であった。建て替えにあたって、医師の確保はできるのか?検討をしたのだろうか。疑問に思えるのである。
 市民の間では、現市長と医師会との調整がh十分だったとささやかれている。そして、前病院長の態度がいろいろ良くない噂を聞いてきた。
 しかし、鹿児島大学病院が派遣していた内科医3人とも一緒に引き上げるのはいかがなものkと思う。大学病院も、研修制度が変わり、若手の医師福田とも聞くのだが。こうした事態を前いたのは、小泉構造改革で医師の研修制度を、民会ん病院でもでいるようにしたことが大きな原因だと聞く。地域の医療をま折るためにも医師の確保を急いでほしいものである。
 こうした事態を作り出した、自民党政治を変えてほしいとの思うが、昨年の総選挙での民主党の大勝につながった。その民主党も、鳩山首相の「子ども手当」毎月1500万円おもらいながら知らなかったと言い逃れである。一般の国民は数万円でも脱税として追徴課税されるのに、払ったとへいいのへいざである。1000万円といえば、西諸地域の年所得は、宮崎県の統計でも年200万円を切っている。その7倍もの「子供手当」を毎月貰っていたのだから驚きである。まじめに、鳩山首相も、民主党も、国税当局を反省すべきである。

スポンサーサイト
消費税値上げの論議やめて
 民主党政権は、来年度予算が成立すると同時に、消費税行上げを含む税制論議をするという。自民党・公明党政権があまりにm国民維持ををしてきたことから、当時の比較野党第1党であった民主党へ「政治を変えてほしい」と期待を込めて投票し、躍進につながったことは鳩山首相も総選挙直後は認めていたではないか。
 国民の期待にこたえるのではなく増税論議に入るならば、まず最初に、鳩山首相が年間800万円以上も恩恵を受けている証券湯遇税制を、ヨーロッパ並みの30%とは言わないが特別減税をやめて20%にまず戻すことから始めてほしいものでる。
 民主党が言っていた、埋蔵金は1年限りであるが、日本共産党が主張するように、大企業にヨーロッパ
並み、税金お支払い、社会保障経費を出させるなど国民本位に税制とお金の使い方を変えてほしいものである。
 もうひとつは、政党助成金320億円を直ちにやめることである。
面白かった予算委員会
 今日の予算委員会は、“政治と金”の集中審議であった。特におもしろかったのは日本共産党の佐々木議員の質問であった。小沢氏の資金問題だけではなく、鳩山総理の株式収入の減税が、昨年8000万円以上も所得があり、株主配当税が20%から10%に減税になり、それだけでも800万円からの減税になっているのを暴露して、追及は愉快であった。
 我々庶民は政府の報告でも年間所得が300万円を切る世帯が大部分である中で、減税額がそれを上回るにもかかわらず、鳩山相違はただちに、取りやめることに抵抗お示していた。また政党助成金問題も、企業献金をもらわないから、国民の税金でという姑息な手段であること・小沢氏が代表をつとめその後解散した10党などの在勤が国庫に返されず、小沢氏の政治資金管理団体に流れていたことも暴露していた。予算委員会
不起訴になっても政治的道義はなくならない
 民主党の小沢幹事長を検察当局は不起訴にするという。嫌疑不十分という名で。しかし、彼の政治的な師匠ともいえる、元総理の田中角栄氏も元副総理の金丸信氏も「秘書に責任を負わせて逃げを図ったが。逃げきれずに塀の中に落ちて最後は有罪になったではないか。
 それなのに民主党は小沢氏を幹事長に据えたままである。国民への説明せ帰任を果たすというのならば堂々と証人喚問で答えるべきだろう。それは、小沢幹事長だけでなく民主党にも求められている。これまでの自民党流の逃げではなくまじめに取り組んでほしい。それが。自民党政治を変えてほしいと、民主党を総選挙で勝たせた国民への責務であろう。
小沢氏の不起訴は納得いかない
 今日のニュースを見ていると、小沢民主党幹事長の疑惑が、秘書だけの起訴の終わるという。これは誰が見ても、納得いかないだろう。小沢氏の取り巻きや信奉する人納得するだろうが。その証拠も断片的に報道されている。小沢チルドレンと呼ばれる民主党の国会議員である。
 こうした議員は、先の総選挙の結果を小沢氏の手腕だけと見ているか、お世話になったからという理由なのだろう。税金を貰っている国会議員として恥ずかしきないのだろうかと思う。
 一方、国会でも野党自民党と政府与党・民主党の口汚い野次合戦である。政治責任を国会でこそ果たさせと言うのは、日本共産党のみというのは残念である。自民党などの党は、逮捕された衆議院議員を辞職させて幕引きに手を貸そうという姿勢であると報道を見て思う。


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。