くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
10 | 2009/11 | 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分けは政党助成金、アメリカ軍への思いやり予算は全額削除を
 民主党政権の「事業仕分け」教唆最後になったが、政党自身が自ら努力して集めるべき政治資金を国民の税金でまかなうことは政党として腐敗の源になるのではないか。
 民主党も社民党も国民新党も与党としてまずは自ら姿勢を正すべきだろう、にも拘らず政党助成金は仕分け対象にもならないというのはあんまりではないか。襟を正して、直ちに廃止してもらいたい。もう一つは、日米安保条約上からも必要でないアメリカ軍への思いやり予算である。対象にして削ったのは駐留軍内の日本人労働者の賃金である。本来ならば基地内労働者の賃金はアメリカが支払うべきものであるから、その分をアメリカに要求するのが当然あのだが。
スポンサーサイト
自民党のまね
 民主党政権は、国民の審判で敗北した自公の政治的手法を真似ていると感じる。
①国会での多数の横暴である強行採決=いかによいものでったも国民の理解を得られなくなる
②官房機密費を自民党政権最後のまで明らかに出来ないこと
③事業仕分けと言いながら、大企業や大金持ち減税の継続と、軍事費を声域にしていること
④政党助成金を貰い続ける姿勢
  などなどである

官房機密費を明らかにせよ
 今日のテレビで、日本共産党の塩川衆議院議員が内閣委員会で自民党内閣の最後・総選挙で事項が惨敗し、与党から転落が分かっていたのに関わらず。9月1日に内閣機密費を2億5千万も引き出していたと言う。敗北したにもかかわらず官房機密費をその前は1回当たり5000万円あまりだっとという報道もあり、その5倍もの税金を引き出して何に使ったのか。はっきりさせるべきである。それにも拘らず、自民党の前官房長官・河村氏は明らかにする姿勢がない。
 それならば、現内閣が明らかに出来るたち場であり、明確にすることが民主党政権に求められている。しかし、自らがわずか3ヶ月あまりの間に1億2千万もの内閣官房費を引き出しておりその詳細を明らかにしなければ自公政権の不正は告発できないであろう。平野官房長官も「官房機密費はあきらかに出来ない」と言う旨の発言しており残念である。内閣委員会
小林私立病院の医師不足
hana
 宮崎県小林市の市立病院で、内科医が4人から1人にヘリ、事実上、地域の中核病院としての役割を果たせなくなってきている。これまで産婦人科、小児科など医師不足で必要な医療が受けられなくなってきています。
 医師不足は、小泉自公政権のときに、医師が余っているとして医科大学の定員の削減や、研修医制度の改悪により大学病院が自治体病院へ研修医の派遣を取りやめによることである。小林市立病院もこれまで鹿児島大学病院から派遣してもらっていたが、引き上げにより閉鎖や縮小をせざるを得なくなったいる。
 市民にとっては、医療を受ける権利を奪われるだけでなく命の危険が高まるのだから、小林市任せにすることなく、宮崎県や国が関に持って地域医療を守ってほしいものっである。 
キャバクラで政治活動?
 税金の横取りである、政党助成金を貰いながら、民主党と自民党などがキャバクラで政治活動したと政治資金報告で行なっていると言うのが産経新聞(インタネット)報道されているがあきれるだけどころが腹が立って仕方がない。
 政党序背金は貰うは、企業献金は貰うの政党に献金したくないと言うのは当然である。しかしそのことが個人献金が日本になじまないと言うのは間違っていると思う。個人献金と政治新聞で立派に活動している日本共産党が日本にあることを報道してほしかった。
オバマアメリカ大統領の来日こそ 本腰を入れて米軍はアメリカに帰れと言って
 オバマアメリカ大統領が、今日始めて来日した。「日米首脳会談で『核なき世界』に挑戦」にたいする最高にする為には、日本がアメリカにへっぴり腰でなく、本腰で普天間基地問題を、総選挙で民主党が公約した立場で交渉することだろう。そのことでアメリカ軍の基地を日本からなくし、憲法9条の立場でアメリカと対等平等の関係を築き、ノーベル平和賞に値する大統領にオバマしを押し上げていくことになると思うのだが。
 いかんせん、国会では岡田外務大臣が「総選挙中の討論での話は公約でない」とか、北沢防衛大臣が「前政権とアメリカとの公約だから、辺野古がダメなら嘉手納への統合」など沖縄県民の声を無視し、自公政権とアメリカとの約束を優先するたち場を鮮明にして、鳩山総理も”追認”に見える。これでは対等・平等の「日米同盟」と言っても平等ではなく不平等の同盟と言わなければならない。
業務仕分けは国民本位に
花 民主党が業務仕分けを進めている。業務仕分け人に一般の人や外国人をとうようしているという。業務仕分けでは当初は、国会議員30数人で行なうと言う前触れでったと思うのだが、国会議員はわずか4人だったような気がする。民主党の新人議員は、小沢幹事長の了解がなかったと言うことで全委員がはずされ、その代わりに一般人や外国人似させると言うのはいかがなものかと思う。 
 仕分け内容も、地方交付税の減額を請求したり、スポーツ予算はサッカーくじにたるるべきなどとんでもないものが飛び出してきている。
 私は、まず無駄を削ると言うならば、必要のないアメリカ軍への「思いやり予算や政党助成金など国民の暮らしに何にも関係ないもを最優先で見直すべきであると思う。
沖縄の集会はすごい
シーサーも見守る
7日土曜日の嘉手納町での2000人集会に続いて、8日の集会は21000人から参加しての、米軍基地は要らない」と言う大集会が行なわれたとの報道である。先の総選挙でアメリカ軍容認の自民党と公明と候補が全滅したことの反映であると思う。そのさなかに読谷村で60歳代の男性が、アメリカ陸軍兵士の運転する乗用車でひき殺される事件が起きた。民主党政権は、アメリカ軍が「引き渡してもよい」と言うのに、起訴されていないから『身柄引き渡しは要求しない」と言う。犯人が特定しているのであり。日本側でしっかり尋問し二度と起こらないようにすべきことであり、アメリカ軍関係者の事件や事故で日本側が主体的に操作、逮捕できるチャンスであったはずである、何と弱腰なのかと思う。
nhkラジオの政党討論を聴いたよ
 20091023212900.jpg
今日の朝9時から、政党討論番組がラジオで流れていました。NHK政党討論会を聞いていて、日本共産党の小池政策委員長が一番まともで、私の心を打ちました。
戦争の悲惨さ あらわす米軍基地での銃乱射
 アメリカの陸軍基地で、心理医師が銃を乱射して13名の死傷者が出たと言う。そのアメリカ軍が戦後64年もたって日本に駐留して、沖縄を初め日本の領土を我が物顔でい続けることの怖さをあらためにて知らされる思いである。沖縄には数回いったが、宜野湾市の真ん中を占領している普天間基地、北谷町や嘉手納町、沖縄市などの市町の交通の邪魔になる嘉手納基地など危険が一杯と感じてきた。
 そのなかでも、嘉手納基地が古くなったからと名護市辺野古に新基地を作れというアメリカの横暴に対して、総選挙で県外または国外移設とテレビ討論で主張していた民主党に期待を寄せた県民の気持ちをしっかりと受け止めなおすべきであろう、民主党!
なぜ大臣が質問者を「大臣」と言うのか
20090622090405.jpg
 今日の参議院予算委員会をラジオで聞いていて、変なのに気づいた。大臣が質問した桝添氏に対して『大臣』と言ったのにはあきれた、衆議院の予算委員会でも自民党の質問者に同じような答弁をしている大臣を見たが、野党癖が直っていないと思わざる得ない。
 自民党の質問も小沢氏と鳩山首相の政治資金疑惑を中心にしている。首相と与党の幹事長の疑惑であるから取り上げるのは当然である、しかし国民の暮らしのどう守るのかを取り上げてほしいものである。自民党の取り上げ方は、アメリカと財界におもねる立場であり、国民の暮らしを守ると言うのは見えてこない。残念である。
国会がおもしろい
霧島の秋 1  臨時国会での予算委員会質問が始まった。自民党は国民に審判を受けた、財界と米軍支援と言う立場で質問している。その中で、町村氏と亀井大臣が野次の飛ばしあいである。大臣が野次を飛ばしたのは私の記憶ではなじめてである。大臣が自民党議員に「大臣」と答弁しているのもおかしな話である。また自民党の質問は鳩山首相の献金疑惑に大半を裂き、国民の暮らしや平和の問題はほとんど聞かれない。
 その中で日本共産党の笠井亮議員が普天間基地問題で「普天間基地撤去は無条件撤去が沖縄の心」と本腰を入れてアメリカとこうすべきと追求。「使い捨て労働」許すなと追求に、鳩山首相は「企業に申し入れる」と答弁したので今後しっかりトヨタやキャノンなど大企業に申し入れて改善が進むことを期待したい。
霧島一周した
韓国岳の秋
 久しぶりに夫婦で休みが重なり霧島一周した。小学生が滑落死した韓国岳も秋の装いをし、霧島連山が秋の紅葉に染まっており、きれいであった。霧島の秋 1 

普天間基地はアメリカへ
 普天間基地移設をめぐる沖縄での世論調査で、現行の名護市沖への移設に反対の世論が67%にも及ぶと毎日しんぶんでは報道している。悲惨な第2次世界大戦が終わってもはや60年を過ぎているのにアメリカ軍という外国軍がいまだに、日本に・沖縄にいまだに駐留しているのが不思議である。それもこれも、自民党政権がアメリカ言いなりに脅しに屈してきたからに他ならないことだと思う。
 アメリカとは対等平等の平和条約を結んで、軍隊の駐留は必要ないと思う。いまやアメリカも敵国としていた中国と話合いで物事を解決しようとしているときに、中国を敵視している軍隊など必要ないというのが私の考えである。
共産党が臨時国会をリード
総選挙後最初の臨時国会で光っていたのは日本共産党の志位委員長質問 参議院の市田質問であった。自公政治ノーの国民の審判を受けて、後期高齢者医療制度廃止、労働者派遣法の抜本改正、米軍普天間基地の移設の問題など民主党も公約した問題で大企業やアメリカの圧力もあり、方向転換ををしようとしていることを鋭く批判し公約を守る立場で追求はすっきりした。


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。