くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式配当のわずか3円で派遣・期間工のくびきしないで済むって
 今日の赤旗しんぶんでわずか3円で派遣労す者の首切りはしないで済むという。金額も90億円だというのだから、トヨタ自動車は金融不況下でも6000億円の純利益を見込んでいるのであり、株式配当を減らしてでも労働者を路頭に迷わせ葉世界のトヨタがなくというものである。偉人伝に出てくる豊田佐吉も悲しむんではないのかと思う。詳しくは赤旗記事を読んで判断も必要ではないでしょうか。
スポンサーサイト
派遣、期間工の首切り3万人
雪をかぶる韓国岳08/11
 派遣、期間工の首切り3万人が報道されているが、企業名が出てくるのは「しんぶん赤旗」である。なぜかトヨタ、いすゞ、日産など自動車会社の名前は出てこない。
 赤旗だけはトヨタ自動車8000人、いすゞ自動車1400人など具体的に企業名を挙げて報道している。トヨタが出てくる記事であり、いすゞ自動車には申し入れを志位委員長自らが行い、違法な首切りダルことを指摘し、寮からの追い出しを一時的にも止めさせる約束したという。
志位委員長がいすゞ自動車に申し入れ
 期間工の雇用中止を求めて志位委員長がいすゞ自動車が1400人からの期間工の雇い止めをやめるように申し入れた。都井の岬の馬
日本共産党はこれまでもキャノンやトヨタの派遣労働者いじめの実態を国会で追及して志位委員長の動画がネットで話題になっているが、最近でも参議院で雇用問題を参議院で追求する山下参議院議員。このように大企業の若者をはじめ働く労働者いじめ問題を国会で引き続き追及している。
 日本の経済を守り、働く貧困層を出さないために奮闘をしている。いすゞ自動車やトヨタ自動車が設けているにもかかわらず、派遣労働者や期間工の首切るといった、社会的責任を果たさない問題を他の野党も追及してほしいし、何よりも政府与党がすべきである。
 また、マスコミも3万人の首切りがあるとの報道をしても、トヨタやいすゞなど大企業の名前は報道しないのはいかがなのものか。
国会は延長をやめよ
 政府与党が、国会の会期延長を決めたとの報道であるが、景気悪化の論議もできない上に、テロ特措法などを、3分の2で悪用で再議決することが中心であるようでありやめるべきである。もし延長するのであれ場、テロ特措法ではなく、景気悪化から国民の暮らしを守る立場での論議が必要だろう。トヨタ自動車、いすゞ自動車など大企業が設けは減るとはいえ、赤字でないにもかかわらず、派遣労働者、期間社員を減らす方針のようであるが、大企業は、小泉構造改革で減税の恩恵にあずかり純利益を大幅に増やしてきたものが、減額に過ぎない。トヨタ自動車は13兆円からの内部留保金を溜め込み、いすゞ自動車も株主配当は増やすいうのだから、労働者の首切りは必要ないというほかはない。利益が減ったとはいえ設けている大企業に社会的責任を果たさせ、労働者の首きりをやめさせる法律など国民の暮らしを守る法律を作るのが政治の責任である。
麻生自公内閣 内政でも外交でも打つ手なし
庭のジャーマンアイリス 今日の毎日新聞で会おう首相の外交を埋没「麻生外交」として国内基盤が揺らぎ、国際社会冷淡と冷ややかに報道していたがまさしくそうのとおりだと思う。国内では解散総選挙に打っても出られず、それならばと外交で得点を上げるつもりだったと私は思うだが、それも国内基盤が揺らいでは信用を得られないのは当然ではないか。
 また、今日の赤旗新聞の報道では、麻生総理 バーがよい続く総理になって2ヶ月あまりで夜の会食は59回、はしごも17回もしているという。庶民の気持ちが分からない麻生財閥のおぼちゃまなのがよく分かる。この麻生首相を自民党内でかばい立てする人も確か2世か3世議員だったと思うのだが。親の七光りで議員になる自民党などの議員ではわれわれ庶民の気持ちがわからないし、政治ができないのだと思う。
宗教施設の選挙利用調査を 民主など、公明揺さぶりでなく最後まで追及を
宗教施設の選挙運動が今日の東京新聞で報道されているが、宗教施設は無税であり、公明党の選挙活動の拠点に使われてきたことは知る人ぞ知るである。これまでほとんどマスコミも野党第1党民主党も追及してこなかった。今度、追及するならば尻尾だけでなく全体をつかんで公明党と創価学会の政教一致の実態を明らかにしてほしい。
 国民が生活に苦しんでいるのに、宗教施設を使って選挙は許せない。公明党が年金百年安心プランや地域振興券、児童手当増額などの政策で国民をごまかしてきたことは明らかだろう。その証拠に4年前の参議院選挙で掲げてきてその実現の検証のないし、われわれにとっては百年安心どころか現在が不安一杯になっている。地域振興券や児童手当の財源に消費税増税を狙い、年金も介護保険や後期高齢者保険制度など天引きで減るばかりというのが実態ではないのか。
 日本の矛盾を広げ、国民の暮らしは大変になるばかりである。そんな政策を出す公明党が宗教施設を使っての選挙することは許されない。他の政党であった母許されるわけではないのだが。
四面楚歌か麻生首相
大根干しと雪をかぶる韓国岳08/11
 麻生首相が、自民党の中からも批判が集中して政権が位置まで持つのかの状況になってきている、当の本人は外交に舞台を移して挽回を図ろうとしているのかも知れないが、政権より政策といってきたのからすると明らかに方向転換ではないか?
 自民党総裁選での盛り上が利で、一気に解散のもくろみもはずれ、起死回生の政策として国民の目線でと打ち出した給付金は国民からも自治体からももう反発を受けて、その上に田母神前空幕長の憲法違反の発言もあり、四面楚歌に陥っているのではないか。いつまで持つのやら麻生自公政権、末期症状とマスコミからも揶揄され始めて、支持率も3割をきるものも現れているようである。
韓国岳に初冠雪
 霧島山の韓国岳が今朝見ると雪化粧をしている。昨夜の寒波のせいで雪をかぶる韓国岳08/11九州北部だけでなく、霧島も雪が降った。11月に韓国岳が冠雪したのが何年ぶりだろうか。雪を抱く山はきれいなのだが、寒いのはこたえる。
 それはそうと、国の政治の冷たさは、困ったものである。今日の書いたが、麻生首相が「医師は常識がない」と発言しながら自らは、どんな常識の持ち主なのだろうか?田母神前空爆長を更迭しながら、定年退職で済ませるから、言いたい放題なのだろう。本当に田母神氏の発言を不当と思うのならば6000万円もの退職金を出さない。6000万円といえば、働く貧困に追い込まれている人々から見ると途方もない金額だからである。
 雪山の美しさと相容れない戦争を美化する自衛隊とそれを容認する政治家の馴れ合いの結果である。
「社会常識欠ける医師多い」天に唾する 麻生首相
 麻生首相が「社会常識に欠ける医師が多い」と記者会見で話したというが、麻生首相こそ社会常識に欠けている。それは有名ホテルで食事をして「安くて安全」「カップラーメンが400円」と言ってみたり、頻繁をハンザツと読むなど社会常識に欠ける。それこそ麻生財閥の御曹子そのもので一般社会と常識の違いそのものである。社会常識に欠けるのはどっち医師不足を作り出したのも自民党政治そのもであるのは、無頓着である。
なぜだ、審議拒否する民主党
 参議院で多数であるはずなのに、民主党が審議拒否したという。昨日の麻生首相と小沢党首の会談で思うような回答を取れなかったからのようである。国会外の会談で思うような回答を取れなった殻といって審議拒否では、参議院選挙での国民の期待に反することになると思わないのか。
 小沢さんは、昔から寝業師といわれていたようであるが、国会では党首討論を拒否し続けている。国家外の会談よりも国会内での審議や党首討論に向き合ってこそ野党第1党の党首として国民の北に答える道であることを再度考えてほしいものである。
国民の拒否する給付金はやめよ
 定額給付金は、国民の間でもマスコミも地方自治体からもブーイングが出ています。それにもかかわらず、麻生自公政権は固執しています。特に公明党が、自ら提案したこともあり、国民のブーイングが聞こえないようで「国民が困っているときに、共産党反対している」と公の場でないところで言っているようである。公明党は、これまでも地域振興券や年金百年安心プランを提案してきたがどれも圧から国民から批判されている。
 百年安心プランは今デモ用政策であり、安心できる提案出るの言い続ければよいと思うのだがだんまりで今では難易も聞こえてこない。目先の点数稼ぎと大法螺の百年安心などどこから出てくるのか,今度の定額給付金も、定額減税廃止を求めたのも公明党。年金百年安心プランと提案しながら、年金は下がるし、年金から後期高齢者医療費など天引きをすることで年金の受取金がl区は減る一方であることは隠しており水仙
よそことのようである。
麻生政権は一日の早く解散総選挙で信を問え
小林の田の神様  今日のしんぶんはどの新聞も来週以降の会s何を示唆したとの報道。自民党は9月に福田前首相が生還を投げ出し、2代続けての政権放棄を、党首選挙の騒ぎの中で回復をはかろうとして、思うに任せなかった。総裁選で人気を回復して一気に総選挙の目論見が当て外れました。公明党の提起する定額給付金で起死回生を図ろうとしたが、その思惑もはずれ、解散の時期を見失う右往左往状況である。定額給付金問題が暗礁に乗り上げたように見える中で、麻生政権は国民の信を当のではなく予算の成立が大事と来週まで解散を見送ろうというのである。
 国民の暮らしが大変なときに、選挙の洗礼を受けていない政権が3代も続くのは民主政治ではあってはならない。一日も早く解散総選挙を実現へ自公政権への批判を強めよう。
 
小沢さん逃げてはいけない
韮とアゲハチョウ
 民主党の小沢さんが「都合がつけばいつでも党首討論をする」といっているが、国会議員は会期中はいつでも都合をつけるべきではないのか。昨年の参議院選挙以後、まったく党首討論を避けているとしか私には見えない。もともと自民党田名かは奉行の一人であったし、自民党と政策的に違いが出せないから避けているように私には見えるのだが。 
せっかく、参議院選挙で民主党に藁をもすがる思いで対照させたのにがっかりというのが本当の気持ちである。これでは総選挙で願いを託せないと思う。その証拠に自民党が失策しているにもかかわらず、民主党の支持がマスコミの世論調査でもほとんど伸びないことである。
麻生総理逃げるのか
 麻生総理が国会開花中にもかかわらず、アメリカに行ってしまった。政策を出しても、国民から総すかんを食っているからだろう。
憲法違反を当然しする田母神氏と政府
錦鯉
 前航空幕僚長の田母神氏がアパグループの懸賞に論文を発表し300万円の賞金を手にして、解任されたが定年退職扱いににして6000万円もの退職金まで手にした。政府は国民の批判の前に自主返納を求めるというが、「生活が苦しいから」と返納しないと言う。大体免職しながら、幕僚長の退職年齢は62歳の気手がありながら、線引きを変えて退職扱いにしたことが問題なのである。
 憲法違反を擁護する自衛隊の姿勢を鋭く追求している「しんぶん赤旗」があってこそ憲法を守る道につながるのだと思う。
 セクハラする自衛隊幹部のことが朝日新聞で報道されているが、憲法を守らないことを平然とする田母神氏の態度から見てもそうなるしかないことが明らかになった。<
給付金「評価せず」58%は当然
山茶花給付金評価せず
今日地域のお年寄りに、「生活が大変になった出すね」話しかけるとこんな返事が「給付金は要らない」「消費税を3年後に上げるのなら、そのために残しておけば」「麻生さんは坊ちゃんだからわれわれ(庶民)のことは分からない」など厳しい答えが返ってきました。
 消費税の作るときも引き上げるときも「福祉のため」と福祉が出しに使われ聞きましたが、福祉はよくなるどころか悪くなるばかりです。年金支給の年齢の引き上げ、入院給食の有料化、障害者自立支援という名での障害者補助の削減など上げればキリがありません。
 消費税はできてから186兆円あまりの税収があい、その影で減収になったのが法人3税といわれるものが159兆円も税収が減っているというのだから、腹が立って仕方がありません。しんぶん赤旗の報道を裏付けるものです
憲法違反の発言をする自衛隊トップに退職金などもってのほか
DSCF0021 コピー1  航空自衛隊トップの田母神空幕長が「日本は新緑国家ではない」と発言した。憲法違反の発言をする人物を空幕長にした政府の責任は重大であり、解任しながら解雇ではなく自主退職として、退職金6000万円も支給するなどhもってのほかである。国民の感覚と離れているのは田母神氏だけではないと感じる。
 軍隊を復活させ、憲法違反の教育をしていたことも判明したのではないか。田母神氏だけでなく約90人がアパグループの懸賞に応募しておりほとんどが自衛隊での教科書を中心に論文を書いたとの報道もある。
衆議院解散を急ぎ国民の審判を
20081109230706
 自公政権は、参議院選挙で敗北したにもかかわらず安倍総理と福田総理と二人続けて、政権を投げ出して、麻生政権になっても解散時期を見失ったのか、右往左往している。臨時国会の冒頭で野解散も、民主党がテロ特措法成立にてを貸して成立しても解散できないでいる。決め手のように提案した給付金も支給方法をめぐり閣内からも異論がでるなど、提案さえできない始末である。このまま右往左往して、またもや政権投げ出しになるのか、やけくそ解散を行なうのかわからないが、国民の暮らしが大変なときにうろうろして、大企業や大金持ちの政治を引き続き続けるのか、もういい加減にしてほしいものである。
政党助成金も税金の無駄遣い
 会計監査委員会の報告で12都道府県で不正な11億円が見つかったのをはじめ、1253億円の無駄遣いが見つかったという。無駄遣いをはっきりさせることは大事なことであり、こんな大金が都道府県の不正な処理にメスを入れるのは当然である。
 不正とされていない無駄遣いが私は、政党助成金もそうだと思う。国民の暮らしが大変なときに、政党がぬれ出に泡のごとく、また当然のように政党助成金を村井続けることに怒りを感じる。日本共産党はただ一人受け取りを拒否しているという。
 政党助成金を受け取りながら、大企業からも企業献金を受け取り、さらには単年度で残った助成金は国家に返すようになっているのにかかわらず、積み立てているという。これのっ不正なことであるし、小沢氏の自由党が民主党と合同したときも変換されていないという報道もあり、不正な経理を続ける政党に序背などもってのほかであり。法律を廃止すべきである。
給付金でもめる政府・与党
 給付金をめぐって政府与党がもめている。「所得制限」「全世帯に」などなどである。首相が提案したものが大臣や与党自民党と公明党の幹部がそれぞれ言いたいことを言っている。政府としても与党としても与党としてもまったく体をなしていないと言う感じである。
 自公政治が行き詰まりの結果であると思う。
アメリカではじめての黒人大統領誕生
 昨日のアメリカ大統領選でオバマ氏が当選して、黒人初の大統領の誕生である。変革を訴えて選挙を戦い、ブッシュ大統領の強健、1国覇権主義を批判しての誕生であるからアメリカ国民のひとつの判断がついたということだろう。
 イラクからの撤退を公約し、期待されている半面、アフガニスタンには増派するという。そのアフガニスタンではアメリカ国による結婚式への攻撃で子供・女性など民間人を多数殺したという。
 日本共産党が、戦争でテロはなくせないとの主張のようにアフガニスタンでもイラクでもテロが増えて対応に困っているのがアメリカである。その被害を受けるのはテロでも報復戦争でも子供や女性など弱い人々とである。
アメリカの変革なるか
 アメリカ大統領選でオバマ氏が当選した。アメリカでリンカーの奴隷解放に告ぐ新しい変革の始まりになるのだろうかと期待を持っている。
3年後に消費税増税なんて
 きょうのNHKテレビ討論で4人家族で6万円の給付金は、公明党発案の公金を使っての買収馬外との声も。公明党は以前100年安心プランで国民をだました。まだ数年しかならないのに安心どころか国民の生活はいっそう厳しきなっている。
 今度の給付金も、3年後には消費税引き上げを提案した麻生首相、呼名等は「亜年間は上げない」という。3年過ぎたらあげるといっていることであり麻生首相と言い方を変えただけではないのか。国民を馬鹿にするのもはなはだしいというほかはない。
 討論では、民主党も社民党も、国民新党も消費税は今は言うときではないというだけで、大企業や大金持ちに大分の負担を提唱していた日本共産党の小池さんの話に同調する次第である。


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。