くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
02 | 2008/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は福祉のためにと消費税が出来て20年
萩之茶屋01 明日は消費税が福祉のためにと政府が言って施行されて20周年である。本当に福祉のために使われたのか、疑問である。20年間で政府の消費税収入は180兆円あまりであるが、この20年間に大企業向けの法人減税が続けられて160兆円あまりが使われ、一方福祉は、次々と削られ、高齢所の医療費が無料から1割負担になる、第2には、年金も60歳から支給されていたものが65歳からに伸ばされ、第3に障害者に対する福祉も障害者自立支援と言う名の切捨てなどなど、この20年間は大企業にやさしく、国民に無知を打つ政治だった。
 年金問題でも自らの不祥事から年金記録が不明になるとか、無駄遣いのために、年金財政が足りないと言う理由でまたもや、消費税引き上げを狙っている。油断するべからず。
スポンサーサイト
暫定税率に固執するな
 いよいよ、明後日には、30数年間続いた暫定税率が無効になる。暫定税率が廃止されると国民生活が不安定になるなどというマスコミが報道するが、1リットル25円も安くなるのであるから、賃金が下がる中で、多くの商品が値上げになる中で値下げになるのは良いことだと思うのだが。
 暫定的に決めた税率が30数年も続いたこと自体が異常であるのに、なぜ異常だと報道しないのか疑ってしまう。福田首相は野党に歩み寄る姿勢に見えるが、実はしたたかである。
与党とマスコミの一部は、暫定税率をなくすと、地方の道路が出来ないとか、混乱すると意識的に報道しているが果たしてどうなのだろうか。
沖縄の集団自決は日本軍の強制
 昨日の大阪地裁の判決で、沖縄での集団自決を取り上げた大江健三郎さんの「沖縄ノート」をめぐる裁判が原告敗訴になりほっとしている一人である。
 戦前の軍隊は知らないが、日本軍のいた島で、それも日本軍が手りゅう弾まで渡していた島でしか「集団自決」は起こっていない事実をみても、大江さんの主張である、日本軍の関与は当然である。
 この訴訟を理由に、文科省は教科書検定で「日本軍の強制はなかった」と訂正させているのであるから、判決が出た今、直ちに訂正を取り消すべきである。
いい加減にしてほしい自民党と民主党
08年3月梅 テレビを見ていると、福田首相は「民主党が審議に応じてくれない」と衆議院での強行採決を反省もせずに一方的に非難する。
 一方、民主党も「衆議院で強行採決したからけしから」の一辺倒である。しかし民主党は参議院では第1党であり、野党が多数を占めている参議院でこそ、自民党と公明党の横暴を明らかに出来る野ではないかと思うのである。なぜ、審議拒否にこだわるのかさっぱり分からない。
 その点で1月の時点でもあったが、日本共産党が国会は審議する場であり、間違いは国会で指摘するようにして正常化の先頭にたった努力が光っていると思う。今話題になっている日雇い派遣を追及した志位委員長の予算委員会での質問や小池参議院議員が後期高齢者医療のお年寄りをいじめる政治の追求などはさすがと言うほかはない。
福田内閣の不支持5割を超える
萩の茶屋のもくれん  福田内閣の不支持がいくつかの世論調査で5割を超えたのは当然である。参議院選挙で自民党と公明党の合計をあわせても過半数を得られずに、総選挙もしないまま、与党のいすに座り続けるだけでなく、国民に痛みを押し付ける政策を続けるからである。
 新テロ特措法の強行、後期高齢者医療制度の4月1日からの実施、年金記録のつき合わせの不始末などである。最近では日銀総裁人事で、最初から民主党出さえ認めない人物を2人も提案してみたことなどである。もちろんがそり伊勢の残て税率と道路特定財源に固執する姿勢などである。
 一方、民主党も論戦で自信がないように見える。参議院で議長も採り、野党が多数を占めているのだから、時間もしっかりとっての論戦を挑むべきなのに、審議拒否ありきでは、参議院選挙の国民の信に答えられないと思うのだがどうだろう。 

不名誉な自殺率 ワースト2
 貧困と格差が地方に押し寄せる中で、宮崎県が自殺率ワースト2であるとのショッキングな報道がある。なぜ自殺せざるを得ないのか、政治に責任はないのかの検証はほとんど行われていない。毎年交通事故の何倍もの人が自ら命を絶つというこんな世の中を何とかしたものである。
 季節の春は、もくれんからレンギョウ、桜と移り華やかさを増している。ところが、高齢者にとっては冷たい春になろうとしている。75歳になると、これまでの健康保険制度から追い出され、後期こうれ者医療制度に投げ込まれる。年額わずか18万円の人からも容赦なく年金から保険料を徴収すると言う。徴収されるが、枡添厚労相に言わせると「高齢者は認知所が多い、病気にかかりやすい、いずれはしにいたる」と言うのである。あんまりではないかと思う。
 若い人と公平になすためと言うのだが、高齢者を扶養するのも若い人たちであり、何で対立させるのか腹が立って仕方がない。1億円以上の年間所得がある人の税金は、税率を下げに下げて、25年前に70%から40%まで引き下げているのだから大金持ちにこそ応分の負担の税金を納めてもらいたいと思う。以前佐川急便の社長の年間所得が20億円と報道されたときがあったが20億円の所得がある人は当時焼く14億円納税していたが、今では8億円でしかない。一般の労働者が一生かけても稼げないようなお金を減税するのではなく、応分の負担をするようにすることで不公正をなくしてほしい。
なぜイージス艦長は責任問われない
 漁船に衝突したイージス艦「あたご」で最高責任者である艦長は責任が問われないと言う。漁船は客船など多数往来する会場に来ていながら、仮眠ととっていたと言うではないか。官僚の事故や事件のたびに責任を取らされるのはトップではなく、その下の部下である。これまでも薬害エイズの時には、持永かずみ氏ではなくその下の官僚【松村氏)だけが責任を取らされている。
 そして持永氏はその後、自民党から衆議院選挙に打って出て議員にまでなっているのである。不思議でしょうがない。

高齢者いじめの医療制度はやめよ
08年人吉 寺ひな祭り18 4月から始まる後期高齢者医療制度は、現代の姥捨て山である。むしろもっと悪いかもしれない。姥捨て山はお金は取らなかったが、今度の後期高齢者医療制度、年金が年間18万円の人からも天引きするし、それ以下の人は自ら払えと言う制度である。こんな無茶な制度はあるものかと思う。
高齢者のみなさんは、第2次世界大戦のときは「お国のために命がけで、戦争に借り出された」かたがたです。このみなさんを今度は「国のために医療は受けるな」「長生きはするな」という等しい悪政である。
 こんな政治を進める自民党と公明党を国会審議で明らかに出来るのが参議院ではないかと思う野田が、日本共産党を除く民主党などは国会審議をボイッコトしている。参議院でせっかく多数を占め、議長まで持ってるのにボイコットでは国民の願いが分からないと言わなければならない。また、自民党政治と同じゆえに国会での論議に自信がないのかと疑いたくなるのは私だけだろうか。

イラク開戦周年
3月の高千穂  アメリカのブッシュ政権が「イラクに核兵器がある」「イラクのフセイン政権とアルカイダが関係がある」としてイラク戦争を開始して、今日は5周年になる。
 ブッシュ政権が戦争開始の理由にあげた二つとも事実がなかったこと。その後にアメリカの戦争に協力した37カ国のスペインなど約半数がイラクから撤兵している。当のアメリカでさえ、犠牲者が4000人近くなるなかで、撤兵論が6割になるとの報道もある。それにもかかわらず、日本がいまだに派兵を続けているし、日本のマスコミはいまだに日本の自衛隊は望まれているなどと報道を続けるのはどうしたものかと思う。
 戦争は地球破壊の最大のものであり、アメリカが勝手に戦争を始めたのを政界の世論は批判を強めているようである。
福田内閣の余命は
豆 共同通信の全国世論調査の結果がマスコミで報道。それによると福田内閣の不支持率がわずか6ヶ月で50%を超えたと言う。それは当然の結果である。
 後期高齢者医療制度をめぐり、枡添厚労相が日本共産党の小池参議院の質問に答えて「高齢者は余命が少ない」「高齢者は医療をほどしいても直らない」など馬鹿にする答弁を平然としたことなど国民の気持ちをちっとも分かろうとしないからではないかと思う。
療養病床の削減に反対
 08年3月梅 政府は医療の必要度がないのに長期入院患者がいるとして、療養病床の削減計画を都道府県に提出を求めて、11万床もの削減計画が出されている。
 なぜ、だれが医療の必要もないと決めるのか不思議である。自公政府は、これまでも医療改悪を積み重ねて、社会保険の本人負担を1割から、2割、現在では3割負担に改悪してきたし、高齢者医療も65歳になると医療費の無料制度が核心東京都知事時代に作られ、日本中に広まったのだが、これも、切り崩して有料化を進めて国民の健康で暮らす権利を奪ってきた。その上に4月から実施予定の後期高齢者医療制度である。その前に、療養病床を減らして3000億円減らすと言うのであるから、許せない。アメリカ軍の再編計画では3兆円もの巨額投資して、沖縄からアメリカの基地を日本中に広げ、グアムに8000億円もかけて米軍住宅を作るなど、無茶をなくせば、こんな国民いじめはしなくても良いはずである。
 国民の一人ひとりが税金の使い方を監視し、国民の暮らしのために使わせようではないかと思う。
宮崎市コミュニティ税1年延期
 宮崎市でコミュニティ税などと言う新税を創設しようと市長が提案していたようであるが、市民の批判の前に延期を決めた。延期の機会に反対の運動を強め廃案に是非そしてほしいものである。
 日本共産党は最初から反対をつらぬいいいたと言うからすごいではないかと思う。
 だからと言って、市民批判を前に反対に態度変更した議員もいてよかった。市民の批判があがっても1年延期など姑息な条例を作った自民・公明・民主など批判されるべきである。
円急騰、1ドル99円
豆 お金をお金で毎日買い、それで儲かる仕組みってなのだろうと思う。
為替レートがアメリカのサブプラムローンの破綻から始まった石油や穀物の先物買いもそうだが、実際の現金屋、物は動かないのにもうけている巨大投資家により、世界の経済がおかしくなっているのではないかと思う。
日銀総裁人事
08年3月梅 昨日から今日にかけて、日銀総裁の人事が国会で問題になっている。今の福井日銀総裁もその地位を利用して蓄財をしたことは記憶に新しいのだがそのままいすに座らせてきた、自公政府と、確か蓄財事件があったあとの国会では民主党ももんだにしないままだったと思うのだが。
 もちろん福井総裁の下で低金利政策で国民の預金金利が低く抑えられ、せっかくの預金がほとんど何にもならなかった。そのために、5%で蓄財ができると言う詐欺にかかる高齢者が出てい他のだと思う。この福井総裁のもとで副総裁として国民に貧困を押し付けてきた武藤氏が横滑りで総裁は納得できない。
年金記録問題の解決のため特別チーム
辻の堂から高千穂の峰 舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、年金記録問題の解決のため厚労相直属の特別チームをつくることを明らかにした.
しかし、これまでできなかったものが直属の特別チームを作ってからっと言って解決はしないように思う。それは今日の朝のニュースで年金を払わない人がグーンと増えていると言っていたこと、それも低賃金で社保に入れて企業が入れない人が増え、1000万にんから国保世帯が増え、4割が未納だと言うことからも明らかだろう、1000万を超える年収がありながらかけていない人はどうかと思うが、低賃金の中から保険金を払うにも払えない人が若者を中心に増えていることが、最大の減だと思うからである。
 政府が派遣など劣悪な労働環境を改善し、さらに企業に社会保険の支払いをするようにしなければ解決できないと思う。小手先でやっても解決できない、これまでの自民党政治の結果だと思うからである。

日本農業を守れ

食の安全と農業を考える
蕎麦の花 中国製の冷凍餃子からみても、日本農業を守ること、地産地消の精神が必要だと言うことをますます感じた。
 日本農業は1964年ごろに、米を100%自給できるようになった。その途端に自民党政府は減反政策を打ち出し、反当り16万円だったと思うが減反手当てをして開始、その後のその金額も減らされ続け、小泉構造改革から、米の自由米制度を導入し、日本人の主食である米まで市場価格に任せ、農家の手取りが農家経営をできないほどに価格が暴落してもなんら手を打とうしないばかりか、東北農政局にいたっては「米の作りすぎはムダ?」などと言うばかげたポスターまで作ったと言うから農民と日本国民を馬鹿にするにもほどがある。
 こんな農政を進める自民党では日本国民の食の安全は守れない。
旧日本軍の慰安婦問題を政府は謝罪を
 今日の赤旗新聞に、旧日本軍が第2次世界大戦中に行った「従軍慰安婦」問題解決を求めて、正解同時連帯行動が報道されていた。日本軍が戦意高揚と称して、女性を軍人にせいの提供をしていたと言う証言は、まともな日本軍人の野中からも矛腐れっていることであり、政府が認めることは再び戦争をしないと誓ったにほこっけんぽうの精神からも当然だと思う。

道路特定財源の最大のムダは米軍住宅
 道路特定財源のムダの報道がいろいろされているが、赤旗だけが報道した佐世保の米軍住宅に1戸1億円以上で12戸も建設した問題はまだ報道に上っていない。
 これこそ日本国民にt歩って何もならない税金の使い方である。
参議院で徹底審議を
 民主党、社民党、国民新党の3党は、衆議院で自公が強行採決したことを持って、参議院での予算審議に応じていない。参議院は野党が多数であり真偽を通じて自民党・公明党が強行採決した非を明らかにできるはずである。にもかかわらずに審議拒否では昨年の7月に与野党逆転の民意を示した国民の対して責任を果たさないと言うことに等しい。共産党を除く民主党など野党は、国会で自民党との政策的な他決ができないのではないかと私は思うのだがどうだろうか。
 野党が多数を占めている参議院でこそ、国民の暮らしを守る政策で対決してほしいものである。後期高齢者医療制度、イージス艦の漁船沈没事件、暫定税率など道路特定税の問題など。道路特定税意の廃止に反対の自民党・公明党は佐世保基地内に道路特定財源で1個億円以上の米軍住宅を12戸も作っていることも赤旗でしか報道されていない。なぜ国民の税金を使い、日本にいつまでも外国軍(アメリカ軍)の中流が必要なのか、戦後も62年もたつのに。
冤罪事件の警察
 鹿児島県の志布志事件で、犯罪をでっち上げた警察官たちが警察庁長官表彰をされており、返上がどうのこうのと報道されているが、志布志事件の布告の皆さんが無罪になり早々に返上すべきであったし、警察庁も取り消しをしていなければならなかったのに、事件の被告たちの批判がなければそのままだたんのではないかと思うとはrが立つ。
 この事件では鳩山法務大臣が冤罪ではないとまで言って傷つけたこともありなおさらである。

内閣支持率の低下は当然
 今日の朝日新聞に世論調査の結果が掲載されていた。内閣支持率が5割をきったと言うのである。当然だと思う。 
 昨年の7月の参議院選挙で大破しながら衆議院で3分の2の議席を持っていることを最大の理由に自公両党が総選挙もせずに内閣に居座り、悪性を強行しようとするからである。
 日本共産党の志位委員長の「派遣労働」問題の質問にも何とかはぐらかそうとするし、イージス艦が漁船に衝突して沈没させても、自衛隊の責任を小さくするかのように、情報操作や、海上保安庁の捜査を妨害する航海士を救助ヘリで防衛省の呼びつけて事情を聞くなどの態度を国民は見ているのだから、支持率が減るのは当たり前だと思う。
防衛省への疑問
山の風景 漁船とイージス艦の衝突事故があり、漁船の乗組員父子がまだ見つかっていない。そう中で、自衛隊と防衛省が隠そうとしていたことが、どんどん出てくる。
 あきれてしまうのだが、「衝突2分前に漁船に気づいた」から始まり、「けが人と一緒に当直仕官も運んだ」「海上保安庁の了解はとっている」など言っていたが、こともあろうに捜索ヘリで幸海町を運んだことがばれてしまっても、石破氏の留任ありえないと思う。
 多くの国民が国会でマスコミで見る限りでは、石破氏が辞任の意向というのだが、留任させようとかばった福田総理と自民党、公明党の与党の責任はどうなのだろう。 


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。