くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
01 | 2008/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路特定財源の一般財源化は当然
08年人吉 寺ひな祭り18 国会では、イージス艦の漁船衝突事故と道路特定財源問題が今問題になっている。イージス艦の衝突事故は、漁船に乗り組んでいた父子がいまだに発見されず、家族や仲間ににとってはいてもたってもいられないことなのだが、石破防衛相はのらりくらりとはぐらかしをしようとしており、まったく腹が立つこと腹ただしい。
 もうひとつのガソリン税などにかかる道路特定財源問題も59兆円ありきの姿勢を与党がとっているが、道路だけに使うというこんなものは他にない。たとえば、アルコール税やタバコ税は特定財源ではなく、一般財源である。道路特定財源も製油税ができて半世紀以上と言うし、座愛低税率ができて30数年にもなるのにいつまで暫定なのか、不思議な事態である。
 2月はじめには、日本共産党の志位委員長が質問した「日雇い派遣」をめぐるキャノンなど大企業が派遣労働者をごみのように使う雇用の実態に対する反響が大きく、キャノンが世紀雇用を増や差ざるを得なくなったことも今度の国会で特筆すべきことだろうと思う。
スポンサーサイト
石破防衛大臣を姫背よ
08年人吉 寺ひな祭り20 コピー1 石破防衛大臣は、イージス艦{あたご」が漁船を沈没させた時に、事故を隠蔽するようの行動を自衛隊が行い、防衛省に当直士官を直ちに呼び寄せて、事務次官らと一緒に会っていたことが発覚した。海上保安庁の了解をとったかのような、発言も報道されたが、海保庁は直ちに否定。事故が起きてからの自衛隊側の対応は昨日も思ったのだが、事故を小さく見せよう、責任はできるだけ下のものに押し付けようとする姿勢が垣間見えてきたのは、防衛大臣が自分のことが大切との思いが、艦長をはじめイージス艦の指揮官にも写ったことことからも辞任は当然である。
 辞任しないならいならば更迭するのが当たり前なのに、福田首相は辞任どころか「かばい立てする有様である。これもわが身大事の自民党ならだからと思う。
 与党の一部にも、国民の批判を前に石破氏を批判する動きが出ているのは、世論の力だと思う。
イージス艦の艦長更迭で済まされない
 防衛大臣が、イージス艦「あたご」艦長の舩渡健・1等海佐を更迭するというが、それだけで済まされる問題なのだろうか。\防衛省もこの事故が起きてからの対応は、できるだけ末端の尻尾きりで済まそうというのが、みえ見えであった。それは衝突まで最初は2分という報道を流し、それから12分に伸ばし、さらに追求され、漁民からからは漁船でさえ30分前に「あたご」を確認したので、「あたご」の無線システムからはもっと前から分かっていたはずと批判。また、当初は甲板の見張りの見落としと報道に乗せ、それから、批判の声が大きくなるに従った順々により上層の幹部の疝気煮を追求するという態度であった、こうした態度を許してきたのは防衛省のトップである防衛大臣の責任に帰するのではないかと思う。
人吉ひな祭り 日本共産党が人吉で演説会wp開き1150名集まったって。すごいねhttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-02-25/2008022501_03_0.html僕もいってみたけどわずか4万人の町でのことだからなおさらだね。
 志位さんが言っていたけど、イージス艦が漁船を沈めたのは回避義務がありながら、漁船側が回避するというのは、まさしく”そこのけそこのけ軍艦が通る"とは同感だな。
志位さんの演説会を聞いたよ
 家から40分で行ける人吉での演説会に二人で行った。会場いっぱいの参加者で熱気駕あった。志位さんの話は1時間飽きずに聞けた。イージス艦の漁船への追突事故では、自衛隊の対応を厳しく批判されそのとおりと思った。
 後期高齢者問題も、なぜ75歳で線引きするのと政府が答弁できない理由が、高齢者は病気が多いこと、痴呆症が多いこと、その上に死ぬ時期がせまっているなど、高齢になるにつれて、当然おこるからだというのでは、長生きを喜べない社会になる。高齢者をいじめる政治は、労働者派遣で若者もいじめる社会であることを先日の国会での取り組みを通じて報告されたがなるほどと思った。
自衛隊は偽りをなくせ
安心きったレン 去年は偽りが清水寺の今年の一年で選ばれたけど、今年も偽りが多いね。いやだねー。
 沖縄のアメリカ海兵隊員が中学3年生を暴行その後もアメリカ軍は「綱紀粛正というが、飲酒運転、飲酒しての民家への侵入、そして婦女暴行である。まさしく偽りの世界である。アメリカの海兵隊は地球上どこへでも殴りこみ戦争を仕掛け、殺人、婦女暴行など何でもありの部隊であり綱紀粛正などできようはずがないのに、アメリカだけでなく日本政府も「綱紀粛正」を求めるとこれまでアメリカ海兵隊の不祥事が起きるたび要請をしてきたのだがなんら代わり映えがしない。
 さらには日本の自衛隊の20年前に潜水艦が遊漁船を沈めて多くの命を奪ったのを知らないかのように、今度はイージス艦が漁船を沈め、父子がいまだに発見もされていない。その上、自衛隊は事件を小さく見せかけようと、画策したが、時間がたつにつれてうそがばれてきている。日本を守るとして買った1隻1400万円のイージス艦が国民の命を奪って、嘘までついて責任逃れをする、この非常さは何からくるのだろうか。
猫もあきれる
防衛省は正直に報告せよ
 イージス艦が漁船に衝突して、沈没させてから4日になるが、父子はまだ見つからない。漁民仲間が自らの量を休んで、必至の捜索をしている。
 それに比べて、イージス艦の関東を始めとして、何とか事故の原因を隠そうとしているとしか思えない。防衛大臣が現地の漁協を訪問したのも遅すぎると思う。日本共産党の志位和夫委員長が見舞いに行っやあとなのはなぜなのか。漁協長も言っていたが「国民を守る自衛隊は何するのか」「漁場へ行く途中でも、よく自衛艦と遭遇して、回避するのは漁船側」といっている。
漁船に追突したイージス艦
 イージス艦が漁船に臭突した事件は、衝突された魚船に乗り組んでいた父子がまだ発見されていない。マスコミの報道を見ると自衛艦が安全義務に違反しているという。その自衛隊の事故に対するマスコミの報道が、被害にあった漁船への人間的な思いのかけらも見えてこない。当初、清徳丸を発見したのは2分前だといっていたのに10分前だと証言が現れ、それは操舵室には伝えられず、衝突前9分間は間煮をしていたのかの疑問が提起されている。
 さらに、漁船の仲間によると30分前に他の漁船には築いていて回避行動に入ったというのである、そして漁船でさえ30分前にわかったのに、高性能のレーダー機能のイージス艦葉もっと早く分かるはずと指摘していたがそのとおりだろう。
 漁船の船長さんたちによると、自衛艦とはしょっちゅう衝突しそうになるし、自衛艦は回避行動しないので、漁船が回避して衝突から逃れてきたといっていた。20年ぐらい前であったか、潜水艦なだしおが遊漁船に消灯して多くの人の命を奪ったときも、潜水艦なだしおが回避義務を果たさなかったがその教訓が全きかされていない。国を守るといいながら、自衛官が通るそこのけが続いて、国民の安全どころか国民の命を奪うのであるからけしからん。
 イージス艦は1隻1500万円からの高価な船であり、ソ連から日本を守ると市ながら、それが崩壊してから、5隻単于を購入した代物である。そのことからも日本防衛というなら必要でないとの祖敵もされていない。
イージス艦は何のため
 今朝、ショキングな事件が事件がおきた房総半島沖でイージス艦が漁船に追突して、沈めてしまった。テレビの報道を見る限りでは、漁船を沈めたイージス艦は救助をなんらしていなように見えたし、事実漁船の乗組員が発見されないうちに横須賀港へ帰還してようである。
 船だろうと車だろうと人名を大切にすることは同じだろう。海ではなおの事、事故を起こした船が救助に直ちに当たるのは当然だろう。それにもかかわらず、イージス艦はもとより、自衛艦さえそれに直ちにかかったと思えない。仲間の漁船などが必死に捜査にあったていたようである。二人の無事を祈る。
 イ-ジス艦は1隻10000数百億円もするものだし、日本の防衛にはなんら役にたたない。対ソ連から日本を守るといいながら、そのソ連が崩壊しから5隻も購入するなんて税金の無駄遣いであるのではないか。
海兵隊に綱紀粛正を望むのは無理
 沖縄では女子中学生への暴行で、日本政府は「綱紀粛正をアメリカ軍に要請すると言い、アメリカ軍も綱紀をただすと言明するが、それは無理な話だと思う。それは、アメリカ海兵隊がイラクでもアフガニスタンでも地元の戦争で敵対する軍隊だけでなく住民も殺す戦争をしているのだから。実際戦場にいなくても、人を殺す訓練をしている部隊であり、イラクやアフガニスタンなど戦場で心が荒れている人間がまともでい続けることが難しいだろうし、これまでもアメリカ軍人の大部分は会へ退院であったと記憶するのだが。
 戦場を好む部隊は平和憲法を持つ日本にふさわしくないので、アメリカ軍の基地の撤去でこそ、アメリカ兵による日本国民の被害はなくせる。
鳩山法相は罷免せよ
 08年 鳩山法務大臣がまたもや、法務大臣失格の発言をした。志布志事件は「冤罪ではない」と言ったのである。彼は以前にも「友達の友達にアルカイダがいる」と言ったt。その直後に彼が言ったようにインドネシアのバリで爆弾テロが発生したのである。アルカイダの友達を知っていると言ったのであり、この時点で彼は法の番人の役割を投げ捨てたのであるが、福田首相が引き続きに任命したから、任命責任が問われるのではないかと思う。
 ところが今度も町村官房長官も「子どもではないからいちいち申し上げない」と何ら問題にしようとしないのだから、福田内閣全体と与党の責任に問題が波及するのではないかと思う。
暫定税率廃止も地方への財源重点配分も当然のこと
辻の堂から高千穂の峰 宮崎県で道路特定財源延長を求める決起集会が行われたが、暫定の税率をいつまでも存続を求めるのか、暫定は暫定であり、廃止してこれまでの税金の使い方を大都市と大企業中心の使い方を格差の広がる地方と一般国民のために使うことを求めるのが当然ではないかと思う。
 宮崎など地方ではいまや自家用車なくてはどこへもいけない状況があるのだから、ガソリン使用に使われているガソリン税、その上に上乗せされている暫定税がガソリンが大幅に上がり、困る。暫定税率は直ちに廃止して、ガソリン税を地方に厚く配分すれば、県北や必要な高速道るは作れるはずである。
 地方交付税など財政力のない地方への税金の削ってきたことを批判せずに、暫定税率の存続を求めるのでは筋が違うと思う。
米兵がまた少女暴行
田舎の風景 10日にまたもやアメリカ海兵隊員による少女暴行事件が起きた、中学3年の少女にとってはどんなに怖かったかと思う。13年前に起きた小学生への暴行事件を彷彿させるものとして、沖縄でも全国でも怒りが高まっている、   
 こうした事件の背景は、去年沖縄に行ったが、走る車で沖縄ナンバーと違うアメリカ軍専用のアルファベット乗用車が我が物顔で走っているのを見てびっくりしたことを覚えている。基地の島沖縄の現実を見たがある。
 今度の事件は、米軍、ましてや海兵隊がいる限り安心で平和に暮らせないことがはっきりした。宮崎の新田原でも今週、日米共同訓練が行われたが、いつこんな悲惨な事件が起こるとも限らない、憲法九条を持つ国として、今こそアメリカ軍への協力を止めるときだろう。
日本放送はおかしい
08年 最近、ニッポン放送が流れてくると伊吹文明自民党幹事長のパーソナルティを務める番組があり違和感を持って聞いている。政治が混迷を極めて、昨年の参議院選挙で大敗した自民党の幹事長、ましてや昨年の国会議員会館を政治事務所にして4300万円ものお金を届け出ており、最高の金額だった人物である。ニッポン放送は何を考えているのか。放送の公共性をかなぐり捨てているとしか思えないのは私だけだろうか国民にとって放送とは何かをもっともっと考えるときに来ていると思う。
08年 そして「政治的中立とは何ぞや」を今私は、考えています。
原油高騰は許せない
夷守岳と木 投機マネーが原油や食料品に流れ込み、原油や小麦・とうもろこしなどが高騰して、日本でも世界でも暮らしが大変になっています。投機行動は、為替や株取引などに見見られるように現金は動かず、その差額で利益を上げていると思う。そうして現金は動かず、売り買いが行われることで、現実に物が動くので、世界の経済を混乱させるので国際的に規制することが今求められているし、そうしないと暮らしが守れない。
「母べえ」を見たよ
 今日、妻と一緒に山田洋二監督の映画「母べえ」を見た。30数年ぶりに映画館での鑑賞である。
 戦前、戦争反対を貫くことがいかに難しかった。戦争反対の表明どころか、民主主義を言うだけで「アカ」と言われ、特高警察が弾圧する時代。吉永小百合の「母べえ」を中心に夫を特高警察にとらわれた親子が夫(父親)を信じて、けなげに生き抜く姿に感動した。
 警察とも警戒しながら付き合う方法も演じられていた。今の警察も「共産党と暴力団と同じ」知人の元警察官が言っていたのが、気にかかるのだが特高警察は今はない、特高警察のような国民弾圧の組織を作らせないことも大事だと今日の映画を見て思った。
  現在の時代も、インド洋への自衛隊の再派兵やワーキングプアなど庶民の暮らしが大変なときではあるが、特高警察の横暴は今はない時代である。しっかり見つめてひたたび戦争に巻き込まれないように国民一人ひとりがしっかり意思を示すときである。幸い、昨年の参議院選挙で自公の与党と大敗北して、国民の声で政治が動き始めている、この動きを止めてはならない。ところが参議院選挙で自公政治ノーの審判で躍進した野党第1党の民主党が「大連立」を模索しているのは、国民の一人として許せない。
守るべきは中小業者や労働者
雲と夷守岳 赤旗新聞によると8日、中小業者の団体・全国中小業者団体連絡会(全中連)が主催した決起大会を開き、「消費税増税反対、住民税を元に戻し、社会保障の充実を求める」署名が持ち寄られ、二十八万人分を国会に提出との報道である。
 これだけの署名を集めて中小業者が要請行動してことが今大切ではないだろか。一方、キャノンなど大企業は企業献金という財力で政治を動かそうとしているように見える。企業献金を貰っているのは自民党、公明党、m人種痘などが中心である、これらの政党は国民には痛みをがませよと言いながら自らは政党助成金を貰う法律を勝手に作り、過去10年間で3000億円にも上る国民の税金を分け取りしている。
 昨日の予算委員会で民主党の議員が、自民党が助成金を自らの外郭団体に交付したと暴露した。すると、自民党幹事長が、自由党と民主党の合併に伴い残った政党助成金は国に返還せずに民主党に寄付した疑惑をすかさず反撃した。政党助成金は単年度会計で、残ったお金は国庫に戻すようになっていると言うにもかかわらず、このような不正は使い方をしており、自らの政党の基金として溜め込んでいると言うのだから、怒りを持って告発することが、今大切にあっていると思う。
キャノンは正規雇用を増やせ
季節はずれのタンポポ 今日の予算委員会での日本共産党の志位委員長の追及は痛快と言うか本当に頭の下がるも思いである。
 ワーキングプアと言う若い労働者が使い捨てられる状況を、日経連会長会社であるキャノンがいかに不正な行為をしているのかを法律の基本問題を福田首相や桝添厚労省に言わしてから、キャノンの実態を大分工場と滋賀・長浜工場で正規職員が半数しかいないことを取り上げいたが、よく分かる質問であった。日経連トップの企業が労働者をいじめ、派遣労働の企業から受け入れていながら、厚労省は派遣元受企業は解き行罰則はなれないどころか、企業名の公表さえしていないことに驚きである。
 200万人の正規雇用労働者が減り、その分派遣など不安て雇用が増えているこの実態を厳しく追求しているのは本当に痛快であった。総選挙で何としても日本共産党に躍進してほしいと思った。

暫定税率は今こそなくせ
 霧島・丸尾の滝と梅船舶高額の専門家の宮田秀明氏が「道路特定財源の暫定税率分の年間2兆6000億円という金額は、国の教育関係予算の3分の2に相当するほどの額だ。それなのに、道路投資かガソリンの値下げの2つの選択肢しかないというのでは議論がお粗末すぎる。」と言うのは正しいと思う。
 政府と自公の与党が”道路特定財源”といいながら、何をしているかを、赤旗新聞は「米軍住宅に28億円で11戸を建設」とスクープしている。米軍住宅は道路なのか、そうでない事は明白である。米順住宅はまさしく住宅であり、それを国民に2重にも3重にも課税した、税金で作ってやると言う政府の姿勢が問われるのではないか。政府は先の臨時国会で一旦否決された、新テロ特措法を国民の反対を押し切ってまで再可決と言う暴挙をして米軍へ奉仕する姿勢を貫いた。
 参議院選挙で大敗しながら、郵政民営化問題に争点を単純化した小泉氏の首相時代に得た3分の2の議席の悪用である。郵政も民営化されて一層の過疎と国民への奉仕ができず、間違い配達や遅れなど批判を浴びているのである。郵政民営化が失敗しているのであり、内閣を即刻解散し、国民に信を問うべきはずであると思う。にもかかわらず3分の2条項を使ったのは何を言おうと悪用であると思うのは私だけだろうか。
 政治は外国軍のためにあるのではなく日本国民のためにあるべきである。
薬害肝炎の和解は当然
DSCF0105_convert_20080205210524[1] 薬害肝炎訴訟で国が国会決議を受けて和解をしたのは当然である。国の責任で起きて、訴訟が起きても厚労省は知らん顔して関係を否定しようとしてきて国民の大金批判を受けたのである。患者のみなさんが自ら名乗り出て、それだけでなく、薬害を再び起こさないでほしいとの強い気持ちで戦った成果である。
 薬害はこれまでもエイズなど度々繰り返されてきた。その責任は政府にあるのは当然であるが、もう一つは儲けて来た製薬企業の責任、その企業から政治資金を貰ってきた政党の責任もあることは当然である。訴訟の対象になりにくかったからであると思うから、素養の被告席に着かなかっただけではないだろうかと思う。
政府は米軍基地の押し付けやめよ
08年梅 政府が市庁舎建設補助金を出すという約束破りをして、住民投票でも7割の市民が米軍基地拡張ノーの審判を下したのに、自民党・公明党系の議員が政府言いなりに、米軍基地建設に協力しないから出さないと言う言い分をそのまま岩国市政に押し付けて予算を否決すると言う暴挙を繰りかえしてきた、井原市長が市民に信を問うとして辞任して、今市長選挙が行われている。政府と自公の横暴を許ためにも何としても井原市長の再選を望む。
憲法知らない弁護士 橋下徹大阪府新知事
 橋下新大阪知事が、住民投票を地方自治法を知らないのか「国のやることに口を出すべきではない」と言ったと言う、弁護士としての活動よりもタレントとして名を売り、大阪知事選挙にも直前かで2万%立候補しないと表明していたのにあっさり、自民党と公明との地方組織の応援で立候補した。こんな人が本当に堰にある政治ができるのか疑問であるのだが、マスコミで知名度であがったのだと思う。東国原宮崎県知事の成功をマスコミが必要以上にもてはやしてのも彼の見識のない弁護士でありながら、大阪府民の心を捉えたのだと思うのだが、当選した途端に福田首相を表敬訪問する根っからの自民党であることが、国民にとって心配である。
 当選した途端に大阪府の職員互助団体への補助を全廃や、大阪府の負債問題で突っ込まれると逆切れするようでは、大阪府の付託に本当に応えられるのか。そうなると、橋下知事を応援した東国原知事も不安がますように県民として思えてならない。これまでも「従軍慰安婦」問題、徴兵制発言など県民に公約もしていなかった問題で物議もかもしてきたからである。
道路特定財源で米軍住宅はおかしい
 今日の赤旗新聞で道路特定財源で、佐世保に米軍用の住宅11個1014億円あまりを使って建ていると言う。14億円あまりで11戸だから、1億2000万円もかかる言うのである。
 自民党と公明党の与党は道路特定財源の一般財源化に徹底抵抗しているのに、米軍住宅だが、米軍住宅は道路と言うのだろうか。
07年冬の雲 一方、民主党は子殿津通常国会を「ガソリン国会」と狭くして、自民党を追いつめる作戦だと言っていたが、つなぎ法案が取り下げられたら、どうして自民党と公明との与党を追いつめるのか対応に困っているとのマスコミ報道もある。国会を国民お立場からとり組むならば、年金問題、消費税問題、インド洋への自衛隊の派兵と米軍への給油など、国民にはとめたい自民党政治を追及する問題には事欠かないはずである。
 なぜできないのか、はっきりさせてほしいものだが、私はこう考える、民主党も政党助成金や大企業からの献金を受け取り、アメリカにものが言えない共通項があるからだと思う。
農産物の輸入自由化の危険
1月の朝 農産物を外国から何でもかんでも輸入することの弊害を見事にしましたのが今度の中国産の餃子の輸入であったと思う。
 戦後すぐは、農家でさえ強制供出で白米は自由に食べれなかった。それが昭和39年ごろから米の需給率が100%になった。自民党は途端に減反政策を初め、反当16万円ぐらいだったと思うが、補助金を出してまで減反を押し付け、その後は毎年その金額を減らしてきたが、米の自主販売と言う名の価格破壊はなかなかできなかった。しかし、小泉構造改革の頃に「自由米」を導入して、環境の悪い田んぼは作っても赤字二なり、耕作放棄がすすむ始めている。
 農地は言った荒れてしまうと元に戻すまで10年20年かかるという。私も農家の息子だが、もう自分で米を作れと言われてもまず無理だろう。農家の思いに心を寄せる政策で外国からの農産物の輸入を止め、日本の農地で安全な食生活へするために、農産物の価格保障などして農家との農村を守る政治を今こそ実現へ、農業を国の基本産業と位置づけ続けているのは日本共産党のようであり、前進を願ってやまない。


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。