くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の思い出
高千穂の峰 いよいよ大晦日です。今年は、国会議員の不正が多かった年でもある。
スポンサーサイト
晦日は今年の偽のオンパレード
椎茸 いよいよ今年も明日を残すのみとなりました。新聞は、事件・衝撃・歓喜の2007(朝日)と特集をどの新聞でも組んでいる。偽者が横行した年の瀬を象徴するように、「自民党の惨敗」「防衛省の疑惑」、「不二家や吉兆など老舗の食品偽装、亀田大毅や朝青龍の不祥事など報道しているが、政府自民党と民主党が絡んだタダの国会議員会館を政治事務所にしながら1000万円から4千万円超の事務所費の疑惑はなぜか入っていない。そのほかくらい事件として長崎市長の占拠中の銃殺など暴力団の暗躍による事件が多かったのも特徴だったと思う。
年金 遠い解決と言うが、自公政府は約束を果たせ
栗野のクリスマス 年金 遠い解決と言う特集記事が朝日新聞で報道されていた。まず消えた年金審査で社保庁が「約束」違反との見出しだが、よく考えてみると、約束したのは自公政府である。にも拘らず、政府ではなく社保庁に責任を押し付けるのではなく、政治の責任を追求すべきなのではないかと思う。その証拠に福田首相が「公約違反というようなことではない」と言ったり、枡添厚労省もにたような発言を繰り返し、「全部はできない?」とか08年3月までに解決すると言いいながら、3月末までは解決できないと無責任な発言をしてきたように思う。
 参議院選挙で「一人残らず、1円残らず」との公約を果たす責任は自民党と公明党がその責任を果たすことが、社保庁にもしっかり仕事をさせるためにも大事であると思うのだが。
 救済には、「短期」「証拠」が有利と朝日新聞は分析するのだが。
 政府の対策は効果希薄と言うのだが、消えた年金、宙に浮いた年金の回復も申請主義として、政府が国民に責任を押し付けているとの報道は理解できる。が、年金の照合を日本共産党が参議院選挙前に提案した全てのての加入者に記録をおくる「年金特別便」を早急にすれば、年金加入者が自分の記録も元に証明することになり解決も早くなると思うのだが。この方法は国民の良識を信用できないならば実行できないのかと思う。
なぜ高い選挙の供託金
 しんぶん赤旗によると、日本の供託金は諸外国と比べて異常に高いと言う。日本共産党の井上参議院議員が国会図書館に依頼して処さした結果を報道しているのである。
 それによると、アメリカやフランス、ドイツでは供託金なし、イギリスで約11万円と、日本の衆議院小選挙区300万円と比べると、日本が以下に高いかと分かる。アメリカのものまね?の自公と民主党はこれはアメリカに学んで民主主義を日本に定着させる努力をしてほしいものである。
 ところが、これらの政党に加えて社民党も、供託金を貰い、官製政党になっているうえに、供託金を政党助成金から支出していると言うのだからあきれてしまう。
 供託金の没収でも、供託金が日本に続いて高いオランダでは、全国の有効投票数の0・5%が没収されると言うから、日本の有力な政党では没収されないということのようである。  国民の政治参加を広げるために供託金を大幅に引き下げるか、没収得票率を引き下げるべきであると思う。
偽者でいいのか NHK
 祇園 23日の日曜日にNHKラジオの討論番組を聴いていたら、政治討論番組なのになぜか、自民党と民主党がそれぞれ二人が出演しての番組であった。政治的中立が求められ、また、公共放送として政治的中立が求まられているのに、2大政党だけでは、政治的な中立は守られていない。今政治が面白いときだからこそ、主な政党である公明党も日本共産党も除外するでは国民に政党のメッセージが届かないどころか、2大政党だけしかないのかのような間違ったメッセージを国民に届け、選挙での間違った審判になることになる。
 政治的中立を標榜防するのならば、それにふさわしい放送を求めたいものである。

6・3制を弾力化で学力低下は防げない
野尻湖の朝 政府の教育再生会議が「6・3制」を弾力化の報告を出したと言う。小中一貫を制度化を答申と言うのだが。
 学力低下の真因を本当に捕らえているのだろうかと思う。それは団塊の世代であるわたしの思いは、学校での教え方のスピードが早すぎると感じる上に、量的にも漢字で100字以上、算数でも小学校2年生で掛け算九九を一年で教え込もうとするのであるからついてこれない子が増え、それが学力低下に結びついているのではないかと思う。
薬害肝炎の政府責任を認めよ
南天  町村官房長官が薬害肝炎の政府責任明記に反対していると言う。薬害はこれまでもエイズなど含めたびたび起こり、政府はその責任を何とか逃げようとしてきたとしか思えない。被害者が粘り強く裁判を闘い、謝罪させてきた。
 本当の謝罪に気持ちが政府・自公にはないのだろうが、今度も裁判署が政府の責任をあいまいにした、和解案を出してきたのを幸いに、政府の責任を投げ捨て、お金で解決を図ろうとしてきたが、原告側の原則的な訴えと国民の声が、政府に一定の譲歩を余儀なくさせた結果、今日福田総理がやっと原告のみなさんと面会したが、自公政府の本当の謝罪は、製薬会社からの企業献金を受け取らないことだろうと思う。

グッドウィルの派遣を受け入れていた企業は労働者を雇え
07年冬の雲  グッドウィルが日雇い派遣で違法行為をして事業停止に追い込まれたのは当然である。 日雇い労働者は低賃金を押しつけられ、その上に労働者派遣法によってなりたってきたグッドウィルの事業停止の影響をもろに受けたのではたまってものではない。日雇い派遣労働者の受け入れで労賃を引き下げ儲けてきた企業は、こんな時にこそ社会的責任を果たすべきだと思う。
 また、労働法制の規制緩和を進めてきた、自公政府の規制緩和瀬策の破綻であり、政府は日雇いへ件を受け入れてきた企業に正社員として雇うように指導すべきであるとともに、労働法制の規制緩和政策をやめ、ヨーロッパ並みのルールある働き方ができる法律の改正をすべきであると思う。

民主党の氏テロ特措法対案に反対
須木の秋 新テロ特措法の民主党の対案は、民政信徒と言うのだが、小沢さんの考えは、アフガニスタンに展開する多国籍軍に協力すると言うものようである、自公政府が出してきている案も国民の暮らしが大変なときにアメリカ軍へのすでに220億円分もの石油をダダぐれしているのに、22億円も追加支援するというもので、けしからん話しである。民主の対案は陸上自衛隊をアフガニスタンに武器を持って派兵するもので憲法の規定からも許されないものである。
 大連立の合意のなかに「恒久派兵法」と消費税増税があったと言うが、その実行を政府に迫るもので憲法違反そのものであり、これでは自民党と同じとの批判は当然である。
三菱化学鹿島事業所火災 犠牲になるのは 昔子会社、今派遣労働者
 茨城県の神栖市の三菱化学の工場で仕事をしていた労働者が火災の被害者になった。みんな三菱化成の労働者でなく違う会社から派遣されていた労働者であるという。もちろん三菱化成の労働者が犠牲にになってもいいものでもないのだが、弱い立場の子会社や派遣の労働者が犠牲になると言うのは、大企業が儲けのために、しっかりとした事故防止策をとらず、安い労働力で労働者をこき使うからではないだろうかと思う。
アメリカ軍へ22億円出すな
  今日の政府の予算編成で、インド洋への自衛隊再派遣費用として財務省は22億円を認めると言う。新テロ特措法には反対である。国民生活が大変なときにアメリカ軍などに22億円ものお金をつぎ込む必要はない。
 このお金を福祉に回すことが今必要であると思う。お金がないといって社会保障税名目として消費税率の引き上げを狙っている政府、マスコミももっと国民の立場で真実を報道してほしいものである。

お金がないといいながらミサイル発射か
12月のバラ 政府は借金があるから、社会保障のため消費税を当てるというのだが、本当に福祉の金がないというのならば、ミサイル発射などもってのほかではないだろうか。軍事費の使い道では、90式戦車は対ソ連選を想像した戦車であるにも拘らず。ソ連がなくってから購入したものという。それも主さが尋常ではないゆえに日本の国道は通行できない代物と言う。そんな戦車をアメリカが購入する倍近い?値段で購入し、無駄のものの上に請求の水増しまでされていることが分かっているのに、まだミサイルの迎撃試験が成功だと浮かれている。
 水増し請求が明らかになっており、それは守屋前事務次官だけの贈収賄なのか、政治家は絡んでいないのか明らかになるまで少なくとも軍事訓練や軍事用品の購入、新テロ特措法等いもっての外である。
お金がないといいながらミサイル発射か
12月のバラ 政府は借金があるから、社会保障のため消費税を当てるというのだが、本当に福祉の金がないというのならば、ミサイル発射などもってのほかではないだろうか。軍事費の使い道では、90式戦車は対ソ連選を想像した戦車であるにも拘らず。ソ連がなくってから購入したものという。それも主さが尋常ではないゆえに日本の国道は通行できない代物と言う。そんな戦車をアメリカが購入する倍近い?値段で購入し、無駄のものの上に請求の水増しまでされていることが分かっているのに、まだミサイルの迎撃試験が成功だと浮かれている。
 水増し請求が明らかになっており、それは守屋前事務次官だけの贈収賄なのか、政治家は絡んでいないのか明らかになるまで少なくとも軍事訓練や軍事用品の購入、新テロ特措法等いもっての外である。
「年金特別便」発送と言うけれど
12月のバラ 政府が年金特別便を発送することにしたと言うにだが、5000万件からの誰のものかわからない記録のうちのわずか30万件あまりという。参議院選挙で日本共産党がすべての年金加入者の年金記録を送り返すことを提案していたが、そのほうが時間もかからず早く発見できて、「一人残らず」支給すると言う自民党の公約も守れたはずである。当然、国民を信頼していなければできないのだろうが。
 国民を信頼できない自公政府は、無駄なプログラム開発を進めるより、ましであることははっきりしているのではないか。国民をだますことに慣れていても信頼することに慣れていないのが自公政府だと思う。
 自民党と大連立にはしった民主党の小沢さんも同様なのかもしれないが。

福田支持減るのは当たり前
小林駅前のイルミネーション   今日の新聞で福田内閣の支持率が11%以上に大幅に減り、不支持率は同じ11%も増えたと報じられている。
 そのなかで年金「公約違反」57%、新テロ特措法反対48%など福田内閣の進める政治に有権者が真っ向から反対を突きつけた格好ではないか思う。年金の公約は参議院選挙で自民党の政策で「一人残らず、1円残らず」と公約に掲げながら、福田首相は「そのように取られるような内容であった」「公約違反というほど大げさなものか」と発言し、国民とマスコミの批判にさらされるのは当然である。もしマスコミがかばうならば「公正中立」を掲げるマスコミが実は自民党よりだと国民に知られて影響力の低下は必至だろう。
 国会の会期延長も、国民のくらしのためではなく、アメリカの進める戦争に日本が加担する新テロ特措法成立のためだと言う。しかし、新テロ特措法には反対が48%と賛成より10%以上も多いのである。越年国会で新テロ特措法を衆議院の特別規定で成立を与党がしたときには、野党第1党である民主党が候補者が決まっていないからといって、参議院で問責決議も出せないようでは、国民の信託に応えられないと思う。

 それでは民主党はやっぱり第2自民党といわれても仕方がないと思う。
石油高騰こそ何とかしてよ福田さん
祇園 国民は石油の高騰によるガソリン、灯油、重油の値上がりに悲鳴をあげている。それにも拘らず、何ら手を打とうともしないではないの福田さん。日本国民もアフガニスタン国民も望んでいないインド洋でのアメリカ軍への給油を再開するために国会まで再延長する福田さん、どこの国の首相なのか分からない。
 今朝ののテレビではアメリカ国民の大部分は望んでいないことが報道され、望んでいるのはアミテージさんなど一部のアメリカ軍や軍事産業と縁の深い一対うであると言う。それをもって国際社会が望んでいると言う福田さん。アフガニスタンからは韓国軍も撤退すると報道されている。まさしくアメリカの一部の人たちのための総理大臣かと言いたい福田さん

アメリカのための国会延長
汚すな故郷の高千穂 昨日の国会でアメリカのために自衛隊をインド洋に派兵するための法律をつくるために国会を再延長を自民党と公明党の与党が強行した。今度の国会は、参議院選挙で国民が海外派兵と構造改革の自公政治はもういやだと審判を下したのではないでしょうか。テロ特措法で使われえた油代は210億円と宮崎市での共産党の街頭演説で言っていた。
 今年の冬は石油が高騰し、ガソリンも灯油も大幅値上げが続いているのに何ら有効な対策はとらない癖に、アメリカのためには国会を延長してまで奉仕する政治は許せない。

今年の漢字、偽
 清水寺の今年の一文字漢字が偽(にせ)であった。食の偽、事務所費の偽、参議院選挙結果に対するうその対応は安倍総理の居座り、その後の福田総理の欺瞞的な対応と、大連立計画に乗る、小沢民主党党首の対応など.一番最近では、防衛庁の疑惑の対応でのうそである。偽者がはやる日本の現実のなかで、国民の品管が広がっている現実は困った本当である。
舛添厚労相も泣きっ面? 「年金」で攻防激しくと言うが
夕闇の高千穂 泣き面になってもらっても困るのことよ。参議院選挙前に日本共産党が「全加入者に年金記録を送付を」の公約を迫ったのに対して、当時の安倍総理が「道理がある」として全加入者に年金記録送付を約束したにも拘らず、愛も変わらないやり方をするから、約1000万件もの照合が出来なのである。社保庁の責任にするのではなく政府与党の責任で解決すべきこと、参議院選挙の公約を守れば、時間の浪費も年金のみ支給起こるはずがないと思うのだが。
枡添厚労相どうする
木立ダリア 薬害肝炎の大阪訴訟の高裁和解を前に、原告団が福田首相に政治的解決を求めて面会を求めて、首相官邸に赴かれたが国会で日本共産党の仁比そうへい参議院議員が面会して政治的解決を求めて要求したが拒否する態度である。
 薬害問題は、スモン訴訟、エイズ訴訟などこれまでも厚労省のの姿勢が問われてきた。その度に、なんとなくうやむやになってきた。自民党への製薬会社が献金がその壁になってきたと言うほかはない。だからこそ、政治解決が必要であるし、投与時期で選別するのではなく全被害者の救済をすべきである。
 枡添厚労省が自民党であるが自民党でないようなことでものを言っているのだが、全被害者救済を福田総理を説得し抜くのか。説得できないのならば厚労省を辞任する覚悟が必要だと思う。
アメリカのために国会延長するな
祇園 今日のニュースを見ると臨時国会を1ヶ月延長すると言うのだが、今度の臨時国会は、自民党前安倍総理が臨時国会冒頭の所信表明演説をした直後の辞任、さらに福田総理が民主党の小沢代表を引き込んでの「大連立」劇など政府が国会審議と民主主義を墓する行為の結果、彼らの思うように行かない状況になったからではないのか。それは参議院選挙で国民が自公政治にノーを突きつけ与野党逆転を望んだからであると思う。そうした民意が分からずにいるから、あいも変わらず、「国際貢献」と言って世界192か国中20カ国がアメリカ支援をしている、それが国際社会と言うのだろうか。
 インド洋での給油は当のアフガニスタン政府でさえ、武力ではなく話し合いが必要と言うときである。イラク情勢でもアメリカの同盟国として振舞ってきた、オーストラリアやイギリスも順次撤退を表明しており、アメリカはいよいよ孤立を深めている。このとき日本がいつまでもアメリカの同盟者であるならば、日本がテロの被害国にならないとも限らない。その証拠に、鳩山法務大臣がオフレコで語ったと言う「友達の友達にアルカイダがいる」との発言に裏付けられるのではないだろうか。

 だから会期延長も反対であり、もちろん新テロ特措法の廃止を!
今度は米の偽装
鴨川の風景 今日のニュースで、富山産コシヒカリと偽って、滋賀産など他県の米を日本ライスだったかな偽って販売していたと言う報道されていた。そのなかで品質の下の米を混入することでさらに利益が上がるのだという。そして言うことが振るっている「消費者は米の味など分からない」などというようなことも言っていたし、農林省が認めなければ、こんなことはできないとテレビのアナウンサーが言っていたが、それはそのとおりだと思う。
 精米業者の時にははっきり官僚の関与がないと見つめているのだから薬害肝炎はやっと政府も認める方向になってきているが、防衛庁の疑惑をもっとこの立場でマスコミは追及してほしいものである。

今日は開戦記念日
金木犀 今日12月8日は、いわゆる太平洋戦争に天皇の軍隊が真珠湾を攻撃し、突入した日である。それまでの中国との戦争をあわせ、日本人310万人とアジアの人々2000万人の犠牲を出したのである。
 戦後生まれの私たちは、悲惨な戦争の実体験は持っていない。中学校の頃の国語の先生がその体験を授業中に話して貰ったり、母親が終戦間際に「アメリカ軍が来ると大変だ。鼻切れ峠の奥に逃げる準備で幼い姉たちを連れて逃げる準備をしていたと聞いいていたぐらいである。
 平和の中で暮らす喜びを感じているのだが、憲法九条を生かすのではなく空洞化して、日本からはるか遠いインド洋やイラクへ自衛の名で生まれた自衛隊が派兵されるのを見て、恐ろしさを感じる。そのアフガンやイラクでは、戦争で軍事はもとより幼子や女性などが被害を受けているのである。人間の英知で話し合いで解決できるはずである

研究開発減税って何だ
 今日の毎日新聞に研究開発減税を2年をめどに延長すると言う。その金額6000億円も出すと言う。法人減税は1兆1000億円だと言う。大企業は儲けに儲けており、トヨタ自動車1社だけでも2兆円の純益を上げいるのだから、減税ではなくまともに税金を払うべきである。それでこそ世界のトヨタであるはずなのだが、シロアリのごとく漸近をまだ負けろではどうしたものか。
 最近、自動車修理工場の知人から「車検でこれまでなかった国への支払金が1車あたり400円が求められるようになったが、これも庶民増税ではないか」と言われたが私もそう思うし、国民には負担増を分かりにくいところで求めてくるのだろうかと腹がたってしかたがなかったとこるであった。1世帯に2台3台と農村では車は必需品であり、乗用車だけでも数千万台が走る日本ですごい増税ではないか。自公と民主党は福祉や年金のためといつわり、消費税の値上げも総選挙後に狙って、政府税調と自民との部下が答申をしている。そのなかでも大企業の減税はちゃっかり入れ込んでいるのだから。こんな国民いじめ、弱いものいじめはない。span>
山田洋行と防衛省癒着が生んだ水増し請求
07年12月の夕焼けと夷守岳 今日届いた、しんぶん赤旗日曜版を見たら、防衛省(庁)と軍需産業の癒着の水増し請求の実態が一面トップで報道されている。海上自衛隊のヘリコプターチャフ・フレアの発射装置が1億8500万円、地対空・・・改善システム構成品で26億円78式雪上車が2億円以上の水増し画などもあったとの報道である。国民の税金を湯水のごとく使うムダ遣いを続けてきた原因には、大きなわけがありそうである。守屋前次官jが山田洋行に接待を受けてきただけではない。
 第1に、防衛庁からの天下りが山田洋行で11名、それ以上に天下りを受け入れていた企業は三菱重工業が6万人以上をはじめ、2000年からの05年まで18万人もの高級官僚や自衛官を受け入れた来たこと。第2に「日米。平和交流会」なる軍需産業と政治家が一体になったこの団体の理事に福田首相もなっていたように軍事利権と政治家の癒着が天下りと政治献金として自民党などに還流していたことだと思える。
 こうした癒着構造に徹底した解明が求められる。近くの現役の自衛官も「好いのは高級自衛官だけ」とあきれ顔であった。税金の無駄をなくすために、国会で軍事利権に関わった全ての政治家と軍事企業や商社の代表など証人喚問が必要だろう。それをしないで防衛庁の予算も新テロ特措法許してはならない。span>


夕闇の高千穂 厚労相が薬害肝炎訴訟の原告に謝罪したと言うけれど、和解勧告に対する正規の謝罪でないと言う。個人であろうと厚労相としえt謝罪した鍵であっ評価できるが、全被害者への誠意ある、政府内でのまとめを行ってほしいものである。枡添大臣の真価が試される。
 しかし報道によると、なぜ関係書類が裁判になってもだされなかったのかには言及していないようであるが、なぜ証拠書類を隠し続けたのか厚生労働省の責任を持った明らかにしてこそ、これまでの薬害エイズなどの厚労相の責任を取る道だろう。

守屋逮捕で終わらせるな
秋の模様  参議院でで新テロ特措法の審議は始まった。インド洋でのアメリカ軍に給油を再開するのが「国際貢献」だと言う政府与党。その前に、防衛庁疑惑を解明が求められている。守屋容疑者の捜査を検察庁任せにするのではなく、国会が偽証で告発することはもとより、証人喚問で名前が出た秋山氏や額賀財務相などの証人喚問をするなどして、国会の責務を果たすことが今必要ではないでしょうか。
 国際貢献というけれど、国連加盟国192カ国のうち、アメリカと行動をともにしているのは10数カ国になり、オーストラリアの新政権が、イラクからの段階的に撤退を確認していよいよ、アメリカの同盟国は減っています。
 冬になり石油類の値段が高騰続けているのを政治の責任で解決することが急がれているのではないでしょうか、国民のくらし第1にを政治のもっとうに!それは、自民党と民主党の大連立では解決できないし、国民はそんなことを望んで民主党に投票したのではないことを今明らかにすることで、国民の要求が自民・公明与党の参議院での多数阻止になり、そのことで「自然災害の被害補償を個人の住宅に広げる」とことになっていると思う。
礼儀を知らない亀田大毅
里の秋  亀田3兄弟の大毅が「謝罪会見」をしていたが、まったく謝罪になっていない。「反則したから負けた」と言うのだからふざけている。反則したことがスポーツ界を騒がせたことは当然だが、なぜ騒がせたのか。反則がボクシングをスポーツとしての威厳を損なったこと、また内藤選手をチャンピオンとしても人間の先輩としての敬うことの欠けていた事ではないのか。内藤選手に一言の謝罪の言葉のないのではスポーツをするしか気がないといわなければならない。亀田選手の同世代に若者もそこに問題点を感じていたのはほっとする。
 それに輪をかけたのは金平会長とマスコミと言わなければならない、彼に本当の人間とは何かを今度の事件でしっかり語り聞かせることだったと思う。それは、気記者会見を朝青龍の謝罪記者会見の日にあわせたことと合わせて批判されなければならない。
自分の都合で土俵を広げるな
とと2  国会最終盤になり、自民党・公明党の与党は、再度国会を延長もする方針と言う。しかし、今度の国会は参議院選挙の審判の前に安倍前総理が、代表質問した直後に辞任すると言うかってなかったなかで国会を延長したのである。また、国民の審判にそむき「大連立〝を自民党と民主党の党首が密室で取り決めたことで審議の遅れが来たものである。
 その上に、防衛省の守屋前事務次官の汚職事件が、今国会の最重要課題として与党が、アメリカの要求に応じて、テロ特措法が廃案になり、インド洋に派兵されていた自衛艦が日本に帰ってくると言うことで憲法を守ると言う立場ならばすばらしいことを成し遂げたのである。その自衛隊をアメリカの要求に沿って何が何でも派兵するために延長すると言うのだから腹ただしい限りである。
 政府与党が自らモラルを買うこうした態度を改めて、国民の審判に真摯しに応えることであはないでしょうか。
 そして、額賀財務大臣は潔白ならば、証人喚問に自ら応ずるべきではないでしょうか、応じないならば与党も証人喚問に応じる態度が子どもたちの貰い回復になると信じる。


プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。