くらしと政治を考える
今の政治どこかがおかしいと思いませんか。
10 | 2006/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤知事さん観念したら
ハマユウ土木部長など逮捕されて、県議会で「私は知らない」と言っていた県の出納長が今晩逮捕されました。容疑は「官製談合」での入札妨害の容疑である。知事も「関与していない」と県議会でもマスコミのインタビューでも言ってきたが、ナンバー3の逮捕で観念したらどうかと思う。
 先の和歌山県と同じ出納長が逮捕され、知事の逮捕にいたったのにそっくりである。逮捕される前に県民に謝罪しやめるべきではないか。知事選で、シーガイア支援や綾町の鉄塔問題など県民要求に応えるかの政策で当選したにもかかわらず、自分の意に沿わない幹部を左遷するなどした結果が、招いた事件であるからなおさらではないでしょうか。
スポンサーサイト
いかさまタウンテーチング
IMG_0100.jpg 小泉内閣のタウンミーティングの約半数で、発言の依頼があったことがわかった。
 政府の調査委員会は27日、174回のタウンミーティングのうち81回、282人に対して事前に発言の依頼があったことを明らかにした。この中の一部には、すでに事前に質問案を渡すなどの「やらせ」があったことがわかっている。
 また、運営費はスタートした当初、一回平均で約2100万円もかかっていた。翌年には3分の1に減っており、調査委員会では初年度だけ突出していた理由について調査を続けるとしている。(日本テレビニュースから引用)
 マスコミの報道のように小泉内閣のタウンミーティングが発言依頼が半数近い回数で行われ、1回平均2100万円もの大金を使い、政府に都合のよい答えを出させてきたのは、国民を愚弄するものです。
 この反省なしに、安倍総理がいくら「美しい日本」といってもむなしいだけです。やらせのタウンミーティングの結果に基づく教育基本本は提案を取り下げ、改めにてあせらず審議すべきであることは当然ではないでしょうか。


やっぱり
 東京の目黒区では、公明党の区議6人が辞任に追い込まれる事態が起きたようである。清潔と平和な党を標榜し、創価学会員に公明党を押し付け、さらには、政党助成金をもらうし、汚職にまみれる事件もこれまでも報道されてきた。今回の事件は政務調査費で個人的な車の車検を受けたり、カーナビの設備・バスツアーの料金まで請求していたというから厭きれてしまう。それも区議団全員が辞任せざるを得ない使途であったというからである。
 辞任はしたはいいが、区民にも区議会にも説明責任を果たしていないのでは、公党としても公明党本部の責任も問われるのではないかと思う。
教育基本法は慎重に審議して
山茶花 政府によるタウンミーテングで、やらせだけでなく税金のムダ使いも明らかになりつつあります。タウンミーテングは運営上も過剰な経費で税金のムダ遣い。それも閣僚など登壇者一人当たり3万円のを15台、スタッフも参加者数の2割もいたという。
 ヤラセに続いて税金を湯水のように使い、政府に都合のようタウンミーテングをしておきながら、教育基本法の改定など持ってのほかである。今、国会がやるべきことはいじめによる子どもたちの自殺問題、高校や中学校の履修不足問題などであるべきであると考える。高校の履修不足問題も文科省から派遣された県教育長がいるところがひどかったことも報道されている。こうした自体をマスコミもしっかりつかんで今後とも報道してほしい。
官製談合2
須木のもみじ 宮崎県の官製談合は、知事が関与を否定する中で、逮捕された県土木部次長が「尻尾きりは困る」と上層部の関与・天の声があったことを供述している。そのとおりだと思う。なぜ、そうした工作があったときにきっぱりと内部告白などしなかったのかは疑問だが。
 県議会は、知事の強気の姿勢に、不信任案や辞職決議をしなかったのか不思議である。マスコミでも「利益を守る調整機能」が官製談合の歯池にあることを地元紙は掲載している。それは「天の声」で割り込みを。改革をうたい当選した知事が自らの選挙の指南をした元代議士秘書への五千万円疑惑とあわせ、県民に明らかにして、直ちにやめ、県政の正常化をすべきである。
 逮捕されるまで、しらを切りとおそうとしてもムダであるとの県民世論を広げたいと思う。
 不正を不正と明らかにできる日本でこそ「美しい日本」である。不正を隠したり、擁護していては汚い日本となる。国政の自公政府のタウンミーテング・教育基本法改悪案を通すために8ヶ所中5ヶ所でしながら、衆議院で強行採決し、会期延長してでも通そうとすることも、安倍首相の「美しい日本」の逆である汚い日本そのものではないか。
 写真は美しい日本と思う 
談合
水落しの田の神さん福島、和歌山に続いて発覚した宮崎県の談合事件は、県議会が知事への辞職勧告も自民党の司直が入っているからという理由で延期された。福島でも和歌山でも「しろ}としらを切った知事が逮捕されている。宮崎でも県議会が辞職勧告を見送った翌二十一日には、知事を受託収賄で操作する。
 県議会には、日本共産党議員のいないオール与党の県議会は、解明できないのか。県民の一人として残念の一言である。
 知事は、逮捕されると「改革」を標榜して知事になり、わずか3年余で腐敗に手を染めたことになる。県民をだましたことになる。知事を推薦しなかったが、選挙後はオール与党で知事の公約を守らなくても問題にしてこなっかた。そのことは、今年の台風十三号による竜巻被害を受けた延岡市民への援助を拒否してきたことでもはっきりしている。
 県議会に確かな野党が宮崎県でも必要になっている
アメリカの子分ですか
烏瓜また、アメリカ産牛肉に違反が見つかる。厚生労働省は食品安全委に虚偽の報告をしていたと「しんぶん赤旗」が報道していた。業者に通報を怠り、発表を遅らせた責任はどうするのか。
 アメリカ産牛肉問題はBSE肉問題で輸入禁止を解いてからまだ、半年ほどしかっていないのもかかわらず、こんなことでは国民の食の安全はどうなるのか。アメリカの言い分を何でもかんでも聞いて、同盟が大切ではいけないのではというのが率直な気持ちである
知事がまたもや
ミルク福島県知事、和歌山県知事の疑惑に続いて、宮崎県でも土木部長が逮捕され、知事選後に支援者に5000万円送った疑惑が再浮上しています。和歌山も宮崎も悪政に反対する県民の願いを押し出して当選した知事が賄賂政治に汚染されていたという事実です。
 宮崎県の安藤知事は、保守亜流を自覚してか、当選後は県民いじめの政治に傾斜しています。今年の延岡市でも竜巻被害者には、被害世帯が少ないからと見舞金を出沿うとする姿勢も見られません。
 しかし、市町村合併や道州制など自民党政府が血眼になる課題には積極的に応じる姿勢をつらぬいてきました。

怖い政治
 教育基本法が、自公の与党が与党だけで採決した。十分論議したというが、国民は、高校の履修不足やタウンミーテングでやらせ、いじめによる子どもやそれに関して校長先生の自殺などなぜ起きるのか明らかにすることがいっぱいあり、慎重審議を求めているというのが、マスコミでも明白ではないでしょうか。にもかかわらず、与党のみで採決したことには怒りを感じる。
 こうした、多数の横暴が続くならば、日本の将来はどうなるのか心配である。
背筋が寒い2
水落としの田の神さん教育基本法の改定案が、与党のみの出席で採択されました。マスコミも国民も慎重審議をで、拙速的な採択をしないでと思いを無視して行われた。 
 教育基本法問題では高校と中学校の履修不足やいじめによる児童・生徒の自殺、さらには改定案を提案した文科省がやらせのタウンミーテングを8箇所中分かっているだけでも5ヶ所でしており、とても教育の将来を決める法案の審議を出来る状態でなかったはずである。だから、マスコミや国民の声に耳を貸さず与党のみで採択を急いだのかもしれないが。
 参議院は良識の府を発揮して、しっかり審議をしてほしいものである。そして国民の納得いく答えを出してこそ、参議院が良識の府の役割を果たせる。国民の一人としてしっかり見守りたいと思う。
背筋が寒い
 今日事務所で、NHKテレビを見ていたら背筋が凍るような気がした。教育基本法改定問題の特集で、教育基本法に逆らって、戦前の教育勅語を教えている高校がある報道である。それも、教育基本法を中心の教育よりの先の報道するから、いっそう背筋が寒い思いをしたのは私だけではないだろう。その高校再開の立役者がいわゆるA級戦犯?の吉田茂元首相というから胡散臭いのだが。
 戦前の教育が世界大戦へ日本人を駆り立てたからこそ、戦後の憲法と教育基本法がつくられたこと。310万人のん日本人の命と2000万人を超えるアジアの人々の尊い命と引き換えに戦後があることを否定する学校を認めたことが、いままさに、試されているのではと思う。
 教育基本法の改悪は、高校履修不足ややらせ、いじめによる子どもの自殺など戦後教育をなし崩しにしてきた、自民党政治をやめさせ、教育基本法の提案する資格がないのだから、直ちに取り下げるべきでる。
やらせ②
 政府によるやらせがまたもや発覚。今度は安倍総理の「再チャレンジ」ミーテングでのことと報道どうされている。政府に都合の良いように、質問者を作るようなでたらめな政治はやめるべきである。
 自民党の「やらせ」を容認する与党の公明党の責任は重大である。公明党が席にある政党ならば、自民党との連立を直ちに解消すべきである。が、解消できないだろう。与党に入ってからのうまみを捨てきれないだろうから。腹が立つことが今の政治には多い。

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

文科省のやらせ
子ども教育基本法改正問題で、文科省と総務省の合作のやらせのタウンニミューテングでやらせがあったと、産経新聞は、日本共産党の石井郁子副委員長が国会で八戸のタウンミューテングでやら瀬があったと質問し、政府がその事実を認めたと報道しました。さらに、今日の新聞によると8ヶ所のタウンミューテングのうち5ヶ所で基本法「改正」に賛成を組織したと報道されました。
 こうした事実にもかかわらず、政府と自公の与党は何が何でも改悪法を成立を図ろうとしています。政府のやらせがはっきりした今、教育基本法の「改正」案は潔く取り下げるべきである。
 もうひとつは、高校の履修不足問題の根源がなんなのか。文科省は数年前に知っていたということなどもしっかり論議することも必要です。 むしろ、教育基本法が出来て当初の教育を受けた団塊の世代ではいじめは問題になっていません。教育基本法を無視し、小学校からつめ込み教育を自民党政府が進めてきた結果、授業についていけない子どもたちが増えたからではないでしょうか。小学校低学年では、算数では加算乗除をじっくり教えて、最低社会生活に困らないものを教え、基本が分かってから次に進んでいた時代の教育に戻すことが大切ではないでしょうか。

テーマ:教育基本法 - ジャンル:政治・経済

高校生履修不足2
猿瀬橋
 高校生の履修不足が問題になっています。この問題の鍵を握るのは文科省である。文科省からの出向者が県教育委員会に多い県ほど履修不足の高校が多いのはどうしてでしょうね。
 この問題を抜きにして、教育は語れないのではないでしょうか。子どもを健全に成長させるのが教育です。ところが、こうした高校ではどの有名大学に何名入学させたかが、評価の基準になっているのではないでしょうか。政府が決めた学習指導要綱から外れた教育を行っていながら、問題を学校や家庭に押し付けるのは、場違いではないかと思います

テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

サラ金金利引き下げ
DSCN0986.jpg
サラ金の金利の引き下げは、公明党ががんばったからと、言っているとの報道もある。しかし、サラ金被害者と弁護団などの粘り強い運動に押された結果である。自民党だけでなく公明ともさらきん業界に無心しているのだから、粘りづよい運動がなければグレーゾーンは残すことが自公政府の方針だったのだから
派遣・請負とは
 安倍さんの「美しい国」とは、請負や派遣をいっそう増やそうというのか。先日の朝にテレビを見ていたら、二段ベッドの共同生活する若者の姿を出ていました。
 二段ベッドで共同生活は、人間の本当の生活を破壊するものです。こんな生活をさせる、労働者派遣法は即刻無くすべきではなくしましょう。私の考える美しい日本は、みんなが助け合う共同の日本です。なんとしてもみんなが力をあわせる社会のために、大企業の政治献金も政党助成金も受け取らない唯一の政党、たしかな野党がいっせい地方選挙でも参議院選挙でも勝利が必要ではないでしょうか?

テーマ:美しい国へ - ジャンル:政治・経済



プロフィール

金御岳72梅北

Author:金御岳72梅北
私のブログへよう来やっした!
暮らしが壊され、平和が壊されるのは政治が原因です。選挙権はみんな1票を持っています。政治を良くするために一緒に考えてください。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー月別

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カウンター

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

くまック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AquariumClock 2

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。